現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 国民的人気のダートラで栄光に輝くインディアン 「FTR」の血統を受け継ぐロードスポーツ「FTR S」にあらためて試乗!!

ここから本文です

国民的人気のダートラで栄光に輝くインディアン 「FTR」の血統を受け継ぐロードスポーツ「FTR S」にあらためて試乗!!

掲載 1
国民的人気のダートラで栄光に輝くインディアン 「FTR」の血統を受け継ぐロードスポーツ「FTR S」にあらためて試乗!!

 アメリカのバイク乗りたちの間で根強い人気があるダートトラックは、1920年代から行なわれている伝統的なレースです。楕円のコースを左回りに周回して順位を競いますが、右コーナーとジャンプのある「TT」というレースも選手権には組み込まれています。

 競技人口も多く、どんなに小さな町にもフラットトラックのコースがあると言われているほどアメリカでは浸透していて、週末になればローカルレースも開かれます。筆者(青木タカオ)も見に行ったことがありますが、地元のおじいちゃんやおばあちゃんも応援し、日本で言うところの草野球みたいな雰囲気です。アメリカンレーシングの根底に、フラットトラックがあることが分かります。

【画像】インディアンモーターサイクル「FTR S」(2022年型)をもっと見る(18枚)

 その全米選手権(American Flat Track)への注目度はひときわ高く、フロリダ州デイトナで3月に幕開けした2022年シーズンは全19戦が行なわれ、そのうち8戦はダブルヘッダー。そこでマニュファクチャラーズ・チャンピオンシップ6連覇を達成したのが、「インディアンモーターサイクル」(以下、インディアン)です。スーパーツインズクラスで「FTR750」を駆るジャレッド・ミーズ選手が、通算8度目のチャンピオンに輝きました。

 フラットトラックレーサー、インディアン「FTR750」の血統を受け継ぐ公道向けモデルが「FTR1200」シリーズです。スチール製トレリスフレームに、バンク角60度の水冷VツインDOHC4バルブエンジンを搭載します。

「FTR750」のパワーユニットは53度Vツイン、フレームもダブルクレードル式ですから、「FTR1200」はいわゆる「レーサーレプリカ」ではありません。ただし、トラクション性能に優れるエンジン、俊敏なハンドリングはそのネーミングに相応しいもので、前後ホイールサイズを17インチ化し、ロードモデルへのキャラクターをより強めた「FTR S」(2022年型)は、よりスポーティな走りが味わえます。

「FTR S」のシート高は780mmで、身長175cmの筆者の場合、片足立ちならカカトまで地面にベッタリ。足つき性は良好と言えるでしょう。

 アップハンドルのグリップ位置は高く、視線も高く疲れにくいアップライトな乗車姿勢です。上半身がわずかに前傾し、少しだけ後方に配置されたステップのおかげで、ネイキッドスポーツ然としたライディングポジションとなっています。

 排気量1203ccのエンジンはボア×ストロークを102mm×73.7mmとし、最大トルク120Nmを6000rpmで発揮します。中高回転でパワフルかつレスポンス良く回り、レイン、スタンダード、スポーツの3種を設定するライドモードでスポーツを選べば、ひときわピックアップとダッシュが鋭いものになります。

 それでいて、低回転域を使ってゆったりと走らせることも許容し、巡航も苦手にしません。クルーズコントロールも装備し、高速道路を使った長距離移動もこなしてくれます。

 電子制御も充実し、リーンアングルに対応したコーナリングABSをはじめ、スタビリティーコントロールやトラクションコントロール、ウィリーコントロールなどを4.3インチのタッチスクリーンで操作できます。

 ZF Sachs製の前後サスペンションはフルアジャスタブル式ですし、ブレンボ製のブレーキシステムもフロントは4ピストンラジアルマウントキャリパー+大径320mmローターと申し分のない装備内容です。

 テールエンドを大胆にカットした軽快な車体に、右2本出しマフラーが跳ね上げられてセットされ、見た目もじつにスタイリッシュにまとまっています。

 アメリカンレーシングの匂いをプンプン漂わせつつ、洗練された外観で走りもスポーティ。同じ米国ブランドであるハーレーももちろんですが、欧州勢のハイパフォーマンスモデルたちもライバルとなってくるのではないでしょうか。

こんな記事も読まれています

来場者111万人で大成功!! 次回の課題は「新鮮さ」!? ジャパンモビリティショー総括
来場者111万人で大成功!! 次回の課題は「新鮮さ」!? ジャパンモビリティショー総括
ベストカーWeb
免許取り立てでトヨタ「86」を手に入れ「リバティーウォーク」のオバフェンにワークのホイールを合せた若者がこだわった「色」とは?
免許取り立てでトヨタ「86」を手に入れ「リバティーウォーク」のオバフェンにワークのホイールを合せた若者がこだわった「色」とは?
Auto Messe Web
日産「ノート」がマイナーチェンジ!デジタルVモーショングリルを採用
日産「ノート」がマイナーチェンジ!デジタルVモーショングリルを採用
グーネット
ビッグモーター保険代理店終了 41万件の保険契約と年間32億円の手数料が消滅 今後は?
ビッグモーター保険代理店終了 41万件の保険契約と年間32億円の手数料が消滅 今後は?
AUTOCAR JAPAN
ハリアー大人気!! 1位はまさかの「オープンカー」!? 現役大学生40人が選ぶ令和の「デートカー」ベスト3
ハリアー大人気!! 1位はまさかの「オープンカー」!? 現役大学生40人が選ぶ令和の「デートカー」ベスト3
ベストカーWeb
ホンダ「フィット」を車検対応でとことんカスタマイズ! 見た目はレーシー、中身は圧巻のオーディオメイクをお見せします
ホンダ「フィット」を車検対応でとことんカスタマイズ! 見た目はレーシー、中身は圧巻のオーディオメイクをお見せします
Auto Messe Web
第6世代となる新型SUBARUフォレスターが米国でワールドプレミア
第6世代となる新型SUBARUフォレスターが米国でワールドプレミア
カー・アンド・ドライバー
カクカク・デザインで出だし順調 キアEV9 GTラインへ試乗 乗り心地以外は好印象
カクカク・デザインで出だし順調 キアEV9 GTラインへ試乗 乗り心地以外は好印象
AUTOCAR JAPAN
EVのレアアース使用量を減らす 米新興企業の最新テクノロジー 鉄と窒素で
EVのレアアース使用量を減らす 米新興企業の最新テクノロジー 鉄と窒素で
AUTOCAR JAPAN
「男ならMT」「MTはモテる」は過去の話。現役女子大生が彼氏の運転に求めるのは「ドラテク」ではなくて「安全」でした【AMW独自調査】
「男ならMT」「MTはモテる」は過去の話。現役女子大生が彼氏の運転に求めるのは「ドラテク」ではなくて「安全」でした【AMW独自調査】
Auto Messe Web
「悲惨に鈍い」加速 キャデラック・セビル 能動的に選ばれた メルセデス300D ディーゼルの高級車(2)
「悲惨に鈍い」加速 キャデラック・セビル 能動的に選ばれた メルセデス300D ディーゼルの高級車(2)
AUTOCAR JAPAN
「最悪エンジン」の称号 キャデラック・セビル 可能性を見出した メルセデス300D ディーゼルの高級車(1)
「最悪エンジン」の称号 キャデラック・セビル 可能性を見出した メルセデス300D ディーゼルの高級車(1)
AUTOCAR JAPAN
インディカーがハイブリッドエンジンの導入を延期。2024年シーズン途中のインディ500後に
インディカーがハイブリッドエンジンの導入を延期。2024年シーズン途中のインディ500後に
AUTOSPORT web
マット塗装の超カッコいいクラウンが出た!──GQ新着カー
マット塗装の超カッコいいクラウンが出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
乗れるロボット「ロデム」に試乗できる!福岡モビリティショー2023に出展【動画あり】
乗れるロボット「ロデム」に試乗できる!福岡モビリティショー2023に出展【動画あり】
グーネット
新型ドゥカティ・ディアベル・フォー・ベントレーが登場!
新型ドゥカティ・ディアベル・フォー・ベントレーが登場!
GQ JAPAN
V6でもええじゃないか!──新型ベントレー・フライングスパーアズール試乗記
V6でもええじゃないか!──新型ベントレー・フライングスパーアズール試乗記
GQ JAPAN
ウインカーの色はなぜオレンジなのか そう決まる前は何色でもよかった!?
ウインカーの色はなぜオレンジなのか そう決まる前は何色でもよかった!?
乗りものニュース

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村