サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ’20ホンダ新型CT125の機能美は旧型と共通【CT110″ハンターカブ”新旧徹底比較】

ここから本文です

’20ホンダ新型CT125の機能美は旧型と共通【CT110″ハンターカブ”新旧徹底比較】

正式発売が待ち遠しい!

’19年9月に発表され、その後の東京モーターショーでも大きな話題を集めたホンダのコンセプトモデル「CT125」。前稿に続き、本稿では名車”ハンターカブ”の系譜に連なるCT110と新旧2台の撮り下ろしカットを交え、スタイリングを徹底比較。眺めるうちに、新型は名車をいかに上手く料理しているか理解できるはずだ。

待望の現代版”ハンターカブ”・ホンダCT125と元ネタCT110を徹底比較

●写真:真弓悟史/鶴身 健 ●まとめ:沼尾宏明 ●取材協力:ホンダモーターサイクルジャパン、モノチリンドロ

ホンダCT125[コンセプトモデル]

本来は、山中のトレッキングや狩猟を目的に生まれ、後に農場管理、宅配などの用途にも使われたCTシリーズ。ロングストロークの前後サスやフォークブーツ、アップハン、アップマフラー、高い位置にある吸気ダクト、大型リヤキャリアなどの装備は、全てファッションではなく、オフロードでの機能性を追求した帰結である。これらをCT125もしっかり継承し、気軽かつ存分に不整地を駆け回ることができそうだ。デザインは、スーパーカブC125やモンキー125で知られるタイのデザインR&Dセンターが担当した。

「CT最大の魅力は機能美。この“本質”を125も受け継いでいる」(CT専門店モノチリンドロ・夏川雅弘氏)。それゆえに「110と125は似ている」と言う。「昔と今では規制などの環境が全く違うため、もちろん似ていない箇所はありますが、ほぼ気にならない。なぜならCTの本質をしっかりつかんでいるからです。特に現代的なディスクブレーキなのに雰囲気を損なっていないのは凄い」(夏川氏)

引き締まったボディと精悍な顔のイメージを踏襲

フロントビューは、エンジンガードやサイドエアクリーナーが追い込まれた110の方が細身。しかし、125も十分スリムで、丸眼ヘッドライト+大型の角ウインカーが往年の雰囲気を醸し出す。一方で灯火類は全てLEDなのがイマ風だ。

125はセンタースタンドを備えるが、試作のため可動は不許可。110は、一部仕様を除き左右にサイドスタンドを備える。これは、不整地でも路面状況に応じて確実に停車するための装備。125は左のみだが、右にも装着できそうな構造だ。

なお110の豪州向けAG仕様はバネ式バインダー付きのフロントキャリアが標準。本来は牧場でロープを挟むための装備だ。125が発売された際は「オプションパーツが用意される可能性が高そう」(夏川氏)

リヤタイヤはサイズアップ。ディティールもバッチリだ

アップマフラーと大型キャリアによる特徴的なリヤビューを125も上手く再現。ロゴ入りの分厚いシートに加え、テールライト中央の丸い意匠もキッチリ取り入れている。

前輪は両車とも同サイズだが、125のリヤはCT110よりワンサイズ太い3.00-17。タイヤは、110がIRC製FB3、125も同じくIRC製のGP.1を履く。110の方がパターンが深めだが、ともにオンオフ両用の万能タイヤとなる。

次稿ではCT125とCT110のエンジンの違いについて比較する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します