サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 雨天時、クルマの「水はね」は訴えられる? 泣き寝入りが多い理由とは

ここから本文です

■走行中のクルマに水や泥をひっかけられた! 賠償金は請求できる?

 梅雨シーズンは、雨により路面が濡れることも多く、走行中のクルマによる「水はね・泥はね」が目立ちます。このとき、歩行者に水や泥がかかって服を汚してしまうケースも考えられます。

「やっぱり帰る!」 クルマ好き女子が選ぶ、迎えに来られるとがっかりするクルマ3選

 水はね・泥はねの被害を受けた場合、歩行者はドライバーに賠償金を請求することはできるのでしょうか。

 クルマの水はね・泥はね行為は、道路交通法の「泥はね運転違反」にあたります。この違反内容について、道路交通法には以下のように記載されています。

おすすめのニュース

サイトトップへ