サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > HERE:ADASとドライバーの安全性向上に向けた3D道路モデル「HERE Lanes」を発表

ここから本文です

HERE:ADASとドライバーの安全性向上に向けた3D道路モデル「HERE Lanes」を発表

HERE:ADASとドライバーの安全性向上に向けた3D道路モデル「HERE Lanes」を発表

HERE TechnologiesはCES 2020で、先進運転支援システム(ADAS)を通じてドライバーの認識と交通安全を向上する「HERE Lanes」を発表した。世界の道路ネットワークをデジタル表現するHERE Lanesは、自車位置をレーンレベルで特定し、ドライバーにレーンレベルでの視覚的ガイダンスを提供する。

 HERE Lanesは、交通規則、車高制限、レーン数やセンターライン、走行方向、交差点の勾配や曲率など、車線の正確なトポロジー、ジオメトリー、属性データをADASやモバイルアプリに供給する。

アクサルタ コーティング システムズ:第67回「2019年版自動車人気色調査報告書」を発表

 VSI Labsが実施した実証試験では、HEREのレーンレベルのデータと車両センサーが連携することで、ADAS機能の性能と安全性を高めていることが実証された。たとえばHERE Lanesは、高速道路や交差点での合流時や、霧、雨、雪の影響で車載光学センサーの感度が下がった場合に、ADASのレーン維持機能(Lane Keep Assist)を強化する。

 HEREの自動運転部門の責任者であるSheila Nedelcu氏は、次のように述べている。「ADASは、グローバル規模で交通安全を向上させる機会を速やかにもたらします。同時に、技術的観点およびエンドユーザーによる採用の観点において、ADASは完全自動運転へのかけ橋となります。HERE Lanesは、自動車メーカーやソフトウェア開発者があらゆる天候条件下における現行のADAS機能を改善し、レーンレベルでのポジショニング、ガイダンス、視覚化機能を駆使した次世代のアプリケーションを開発するのに必要なデータを提供します」

スマートフォンを安全センサーに変える

 HERE Lanesに先立ち、アプリやデバイスによってリアルタイムで危険を察知し、ドライバーが十分な情報に基づいて意思決定を行うことを可能にするHERE Live Sense SDKもこのほど発表された。HERE Live Sense SDKは、人工知能(AI)と機械学習(ML)を活用することで、スマートフォン、ドライブレコーダー、車載カメラのような車載フロントカメラを備えたデバイスを高度なインテリジェント車載センサーに変える。これらのデバイスは、ドライバーの周囲環境を常にスキャニングすることにより、路上の物体(他の自動車、歩行者、自転車など)、道路インフラ(信号機や道路標識など)、潜在的な危険性(道路上の穴、通行止め、工事中の区域など)を検出し、ドライバーにアラーム音や視覚的な警告で回避を促す。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します