サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 量産車世界初!550cc5バルブDOHCエンジンを搭載した三菱 6代目ミニカ ダンガンZZ【MOTA写真館】

ここから本文です

量産車世界初!550cc5バルブDOHCエンジンを搭載した三菱 6代目ミニカ ダンガンZZ【MOTA写真館】

1989年に6代目へフルモデルチェンジした三菱 ミニカは、軽スポーツが盛んな時代にモデルチェンジし、スズキ アルトワークスやダイハツ ミラTR-XXといったライバルに対抗すべく、量産車世界初の5バルブDOHCエンジンを搭載。そのほか、専用のフロントマスクやルーフスポイラーなど標準モデルととは一線を画し、三菱の本気が詰まった1台に仕上がっている。

国内初5バルブエンジンを搭載した四輪車 ミニカ ダンガン

三菱、ミニカを一部改良

6代目 三菱 ミニカに設定されたダンガンZZは、デビュー当初直列3気筒550cc DOHC 5バルブターボエンジンを搭載し、自主規制いっぱいの64馬力を発生。スズキ アルトワークスやダイハツミラ TR-XXなどのライバル車種に肩を並べる動力性能を誇る。

デビュー翌年の1990年に、軽自動車規格の変更に伴い660ccへ排気量がアップし、最高出力は自主規制いっぱいの64馬力のままだが、最大トルクは7.6kgmから9.8kgmにアップした。

燃費よりもスペックが重視された時代の象徴

令和の今とは異なり、バブル絶頂期を迎えようとしていた80年代から90年代は、安全性能や燃費性能よりも、数字で表すことのできるスペックが売れる車の条件。そのため、ミニカダンガンZZが搭載していた3G81型や3G82型の5バルブエンジンは大きな話題となった。また、その出力特性も強烈で、軽スポーツハッチを名乗るには十分なスペックを有していた。

しかし、部品点数が多いことに加え、3バルブや4バルブに比べて燃焼効率が不利になるなど、バルブ数が多ければ良いとは言い切れないのもまた現実。大きな開発費と投じてまで、数字で見えるスペックにこだわったミニカダンガンZZは、まさに好景気を象徴する1台と言えるだろう。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:3,195mm×1,395mm×1,465mm

■エンジン:550cc 直列3気筒 DOHC 5バルブ ターボ

■トランスミッション:3速AT/5速MT

■駆動方式:FF/4WD

■販売期間:1989年~1993年

■価格:101万8000円(1989年式 ミニカ ダンガンZZ)

※スペックや価格は1989年式 ミニカ ダンガンの数値

▼これまでご紹介した名車はコチラ!▼

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します