サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、開発凍結パーツの管理が大変に? ”うっかりミス”でレース失格の危険も!

ここから本文です

 新型コロナウイルスの影響を受け、大幅なスケジュール変更を強いられたF1は、各チームのコスト削減のため、2020年の開幕戦オーストリアGPから2021年シーズンの終わりまで、マシンの開発を一部凍結することを決定した。

 開発が許可されるパーツも、トークンシステムによって開発が制限されることになる。

■F1マシンの開発凍結導入で、チームの支出はどう削減されるのか?

 レーシングポイントF1チームのテクニカルディレクターであるアンドリュー・グリーンは、ホモロゲーション(公認)が得られたパーツを常に把握し、承認された仕様のパーツのみを使用することが重要だと語り、パーツを追跡するための専門チームを編成したと明かした。

おすすめのニュース

サイトトップへ