サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 那須に国際基準レース場誕生 カローラ栃木が命名権「つくるまサーキット那須」 ダートからドリフトまで

ここから本文です
 栃木県那須塩原市に、国際基準のマルチユースサーキット「GRガレージ 宇都宮つくるま工房 つくるまサーキット那須」が誕生した。同サーキットは、トヨタカローラ栃木(喜谷辰夫社長)がネーミングライツを取得し、国内トヨタ系販社が運営する「GRガレージ」を冠した日本初のサーキットとなった。

 約40年の歴史を持つ日本屈指のダートトライアルコース「丸和オートランド那須」を運営するサンライズサーキット合同会社(坂本光代表、栃木県那須塩原市)が、2019年末から改修を実施した。

おすすめのニュース

サイトトップへ