サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日野の2トン「デュトロ」に1.5トン積みの“弟分”が誕生…1~1.25トン積みのガソリン車が設定されなかったのはなぜ?

ここから本文です
少し前の話になるが、日野自動車は2021年7月26日に小型トラック「デュトロ」に1.5トン積みディーゼル車を設定し、8月2日から販売を開始した。標準幅キャブ 木製デッキ 超低床 積載量1.5トン(5速MT車)の価格は354万3760円。

デュトロはかつての最大積載量2~3トンクラス「レンジャー2(1978年)」、「レンジャー3(1980年)」を起源(ダイハツ デルタのOEM供給車だった)とし、1999年5月に「デュトロ」と改名。車名は2トン、3トン車であることからフランス語で「2、3」を意味する「deux(ドゥ)trois(トロワ)」が語源になっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ