現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > デリカミニはどんな人でも楽しめる…伊藤梓【日本カーオブザイヤー2023-2024】

ここから本文です

デリカミニはどんな人でも楽しめる…伊藤梓【日本カーオブザイヤー2023-2024】

掲載 更新 5
デリカミニはどんな人でも楽しめる…伊藤梓【日本カーオブザイヤー2023-2024】

「2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー」が12月7日に決定した。“イヤーカー”に選ばれたのは、トヨタ『プリウス』だ。選考委員の伊藤梓氏は、満点の10点を三菱『デリカミニ』に投票した。デリカミニはデザイン・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得している。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載された伊藤氏のコメントだ。

【三菱 デリカミニ 新型試乗】ターボに1週間乗ってわかった「3000rpmの攻防」…中村孝仁

☆☆☆

私は、若い世代にもクルマがある生活を楽しんでもらいたいと考えており、それを一番の選考基準にしています。デリカミニは、軽自動車の枠の中で、デリカらしさを残しつつも、デザインから使い勝手までどんな人でも楽しめるクルマづくりがなされていると感じました。セレナは、特に子育て世代のユーザーの声を深く聞き、さらに限界を超えた心遣いが込められたクルマだと思います。クロストレックは、エントリーモデルの質感をさらに高めたことで、誰もがクルマで過ごす時間を充実できるモデルだと感じました。

☆☆☆

伊藤氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
●スバル・クロストレック:2点
●日産セレナ:4点
●三菱デリカミニ:10点

各賞
●日本カー・オブ・ザ・イヤー:トヨタ・プリウス
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー(輸入車):BMW X1
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:三菱デリカミニ
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:日産セレナ
●実行委員会特別賞:日本自動工業会

今年度のエントリーは、2022年11月1日から2023年10月31日までに発表または発売された乗用車国内外の全34モデル。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員により、まず上位10モデルの「10ベストカー」を選定、さらにそれらの中から投票により決定した。委員は10車種(10ベスト)のうち3車種に上位から10点、4点、2点配点し、最多得票の車がカー・オブ・ザ・イヤーになる。

輸入車の中で最多得票の車にはインポート・カー・オブ・ザ・イヤーが贈られる。輸入車・国産車を通じて輸入車が最多得票だった場合には、そのまま大賞となる。

部門賞として、秀でた内外装デザインを持つクルマにデザイン・カー・オブ・ザ・イヤー、 革新的な環境・安全その他技術を備えたクルマにテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーが与えられる。10ベストカーを対象に選考委員が部門毎に1点の持ち点を配点する。

実行委員会特別賞は、ジャパンモビリティショーの功績によって日本自動工業会に贈られた。

こんな記事も読まれています

【RQ決定情報2024】5カテゴリーでサポートチームを応援「Mobil1レーシングサポーターズ2024」が発表
【RQ決定情報2024】5カテゴリーでサポートチームを応援「Mobil1レーシングサポーターズ2024」が発表
AUTOSPORT web
シエンタも超イイんだけど……やっぱり新型フリードが気になるぞ!! 24年8月発売まで待つべきなのか!?
シエンタも超イイんだけど……やっぱり新型フリードが気になるぞ!! 24年8月発売まで待つべきなのか!?
ベストカーWeb
トヨタ「センチュリー」も搭載した12気筒エンジンがなくなる!? かつてステイタスの象徴だった「V12」の黄金時代を振り返ります
トヨタ「センチュリー」も搭載した12気筒エンジンがなくなる!? かつてステイタスの象徴だった「V12」の黄金時代を振り返ります
Auto Messe Web
【RQ決定情報2024】San-Ei Gen with B-Maxを応援する『B-Max Racing Ambassador』が発表
【RQ決定情報2024】San-Ei Gen with B-Maxを応援する『B-Max Racing Ambassador』が発表
AUTOSPORT web
V8の550i級に速いぞ! BMW 5シリーズ 550e xドライブへ試乗 技術力を証明するプラグインHV
V8の550i級に速いぞ! BMW 5シリーズ 550e xドライブへ試乗 技術力を証明するプラグインHV
AUTOCAR JAPAN
WRC王者のカッレ・ロバンペラ選手が「フォーミュラ ドリフト ジャパン」の開幕戦に参加表明! 2024年4月6日~7日の第1戦FSWを見逃すな
WRC王者のカッレ・ロバンペラ選手が「フォーミュラ ドリフト ジャパン」の開幕戦に参加表明! 2024年4月6日~7日の第1戦FSWを見逃すな
Auto Messe Web
追加チケットが1分足らずで即完売のフォーミュラE東京大会。当日は音楽ライブや最新モビリティの試乗体験も
追加チケットが1分足らずで即完売のフォーミュラE東京大会。当日は音楽ライブや最新モビリティの試乗体験も
AUTOSPORT web
「ありがとう野田ナンバー!」 野田ナンバー地域の“顔”東武バスから野田ナンバー車が消滅
「ありがとう野田ナンバー!」 野田ナンバー地域の“顔”東武バスから野田ナンバー車が消滅
乗りものニュース
約10年ぶりのフルモデルチェンジ、4代目『MINI』の3ドアが上陸。内燃機関モデルに加え初のEVも
約10年ぶりのフルモデルチェンジ、4代目『MINI』の3ドアが上陸。内燃機関モデルに加え初のEVも
AUTOSPORT web
3月16~17日のスーパーGT岡山公式テストのエントリーリストが発表。40台が名を連ねる
3月16~17日のスーパーGT岡山公式テストのエントリーリストが発表。40台が名を連ねる
AUTOSPORT web
電気自動車を買って試す本音レポート リアルEVライフ[半年で6000km走った!]の巻
電気自動車を買って試す本音レポート リアルEVライフ[半年で6000km走った!]の巻
グーネット
ETCもう要らない? 駐車場のノンストップ自動決済サービス登場 精算機もアプリも不要!?
ETCもう要らない? 駐車場のノンストップ自動決済サービス登場 精算機もアプリも不要!?
乗りものニュース
約800万円! 斬新すぎる「本格オフロードモデル」発表! 特別に搭載された「黄色い物体」とは!?
約800万円! 斬新すぎる「本格オフロードモデル」発表! 特別に搭載された「黄色い物体」とは!?
くるまのニュース
「チームはバラバラになる危険にさらされている」ヨス・フェルスタッペンがホーナー代表の解任を求めたと海外メディアが報道
「チームはバラバラになる危険にさらされている」ヨス・フェルスタッペンがホーナー代表の解任を求めたと海外メディアが報道
AUTOSPORT web
シーズンの厳しいスタートを切ったアルピーヌF1。テクニカルディレクターと空力責任者が離脱か
シーズンの厳しいスタートを切ったアルピーヌF1。テクニカルディレクターと空力責任者が離脱か
AUTOSPORT web
「2024 RAYS FAN MEETING」開催決定! レイズホイールを装着したオーナーは2024年4月21日に富士スピードウェイに集まろう
「2024 RAYS FAN MEETING」開催決定! レイズホイールを装着したオーナーは2024年4月21日に富士スピードウェイに集まろう
Auto Messe Web
新生TCRワールドツアーのカレンダー変更が承認。豪州戦の消滅が確定しブラジル戦も開催地変更へ
新生TCRワールドツアーのカレンダー変更が承認。豪州戦の消滅が確定しブラジル戦も開催地変更へ
AUTOSPORT web
ハイドロで車高上がってる状態? そう思ったアナタに読んで欲しい シトロエンC5 XヒプノスPHEV
ハイドロで車高上がってる状態? そう思ったアナタに読んで欲しい シトロエンC5 XヒプノスPHEV
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

5件
  • iab********
    誰でも…となれば、見た目のキャラ性から入り 結局クセ無く最終的には普通になる?
    結局 普通は良いよ、温泉も単純泉が好まれるらしい。
  • jiyuujin
    伊藤さんは一般人に近い感覚で評価されているような気がしてずっと応援して来ましたが、今回だけは選考理由が分かりません。点を入れなかった車種と何が違うのでしょうか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

180.4223.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

166.6348.0万円

中古車を検索
デリカミニの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

180.4223.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

166.6348.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村