サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アビンティアのティト・ラバト、MotoGP日本GPの決勝を欠場を決断。全22台の戦いに

ここから本文です

アビンティアのティト・ラバト、MotoGP日本GPの決勝を欠場を決断。全22台の戦いに

アビンティアのティト・ラバト、MotoGP日本GPの決勝を欠場を決断。全22台の戦いに

 ツインリンクもてぎで行われている2019年MotoGP第16戦日本GP。アビンティア・ドゥカティのティト・ラバトは、決勝レースに出場しないことを決めた。

 ラバトはシーズン中に使用することが許されている7基を超えたエンジンを使用することなどにより、5秒のタイムペナルティを受け、ピットレーンから決勝をスタートすることになっていた。そのラバトは、フリー走行で総合21番手だったものの、予選Q1に出走することはなかった。

■マルク・マルケス、弟の“神スケーティング”に感服「50回見ても飽きない!」

 その後ラバトは、日本GPの決勝に出走しないことを決めた。これはペナルティを受けるからだけではなく、右手の負傷も考慮した決断であるという。伝えられるところによると、彼はトレーニング中にクラッシュしたことで傷を負ったようだ。

 ラバトが欠場することにより、日本GPのグリッドには22台のマシンのみが並ぶことになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します