サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIAとの交渉も担当? 中嶋一貴&小林可夢偉“サプライズ人事”の狙いと、ふたりが語る新たなチーム像【トヨタ2022年体制発表】

ここから本文です
『サプライズ人事』とは、まさにこのことだろう。引き続きトヨタGAZOO Racing WEC(世界耐久選手権)チームのドライバーを務めながら、新たにチーム代表職を兼ねることが発表された小林可夢偉。そして現役を完全引退し、1月1日よりTGR-E(トヨタGAZOO Racingヨーロッパ。旧TMG)の副会長(バイス・チェアマン)に就くことになった中嶋一貴氏のことである。

 2021年最終戦バーレーンを前に、WECレギュラードライバーからの勇退を発表していた一貴氏については、「WECチームの要職に就くのでは」という噂はたしかにあった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン