サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラE、2022-23年シーズンの開催候補地としてインドを発表……同国での世界選手権はF1インドGP以来

ここから本文です

 フォーミュラEは、第3世代マシンが導入される2022-23年シーズンのレース開催地の候補としてインド中南部の都市ハイデラバードを発表した。

 ハイデラバードのあるテランガーナ州は、インドで初めてフォーミュラEを開催するべくオーガナイザーと趣意書を交わし、90日以内には正式発表を行なう予定だという。

■第3世代のフォーミュラEマシン『Gen3』のティザー画像公開。”戦闘機”をイメージ

 インド初開催のレースは、2022年12月から2023年3月までの間に、国内有数の都市ハイデラバードにあるフサイン・サーガル湖を望む全長2.3kmのハイデラバード・市街地サーキットで開催されるとのこと。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン