サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1フランスGP無得点のフェラーリ、”悪夢”のようなレースの原因は?「今季中に完全解決はできない」

ここから本文です
 F1第7戦フランスGPは、フェラーリにとって悪夢のようなレースとなってしまった。シャルル・ルクレールもカルロス・サインツJr.もタイヤを長持ちさせることができず、ノーポイントに終わったのだ。

 今回のレースでは、フェラーリ以外のチームも事前の想定以上にタイヤのデグラデーションに苦しめられたが、フェラーリは他のチームと比べてもはるかに悪い状況に置かれていた。ルクレールはペースが落ちて2度目のピットストップを実施せざるを得なくなったのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン