サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「問答無用の存在感を放つ漆黒のS2000ワイドスペック」心臓部はハイレスポンスな4スロ仕様!

ここから本文です

「問答無用の存在感を放つ漆黒のS2000ワイドスペック」心臓部はハイレスポンスな4スロ仕様!

ワークスフェンダー&4スロでエスニを鍛え上げる!

既成概念を打ち破るワイルド&グラマラスなフォルムに注目

「問答無用の存在感を放つ漆黒のS2000ワイドスペック」心臓部はハイレスポンスな4スロ仕様!

名車S800以来の本格的FRモデルとして、多くのファンに支持されて来たS2000。特に昨今ではサーキットやジムカーナなど、スポーツドライビングの愛好家からの注目度が格段に高まり、新車として販売されていた現役時代を凌ぐほど文字通り引っ張りダコの人気を博している。そんな正統ホンダスピリッツ溢れるマシンに、大胆かつ刺激的なスパイス注入させたのが、ホンダ車専門のチューニングショップ“M&M”だ。

同社が手がけるM&Mハイパーワイドボディキットは現在、DC5/2インテグラ、EK9/FD2シビック、S660など幅広いバリエーション展開を見せているが、実はその記念すべき第1弾となったのが、2016年に発表されたこのS2000用(26万8000円)なのである。細部を見ていこう。

純正フォルムとのマッチングを徹底的に追求したワイドフェンダーの造形は見事。拡大されたボディ幅はフロント80mm、リヤ100mmで、全幅は実に1950mmに達する。無限製ハードトップとの相性も申し分なく、オープンボディがベースであることを忘れさせるほどのスポーツクーペ的な雰囲気が漂う。

フロントには確実なダウンフォースが期待できるフロントウイングディフューザー(6万8000円)を装備。ワイドボディキットとのマッチングも良好だ。

マッシブな精悍さに溢れたサイドセクション。大幅に拡大されたフェンダーにより、フロント10.5J、リア11JというディープリムのワークマイスターM1がシッカリ収められている。

カーボンリヤウイング(15万7000円~)は空力性能だけでなく、ルックスからも人気が高いアイテム。その美しい仕上がりはさすがM&Mだ。

リアルカーボンが用いられたM&Mオリジナルのカーボンドアライニング(5万4800円)。経年劣化した内装のリフレッシュ用としてもオススメのアイテムだ。

撮影車両のエンジンは、2.0Lの排気量はそのままに鍛造ハイコンプピストンを投入した4スロ仕様のF20エンジンを搭載。ハルテック制御でハイレスポンスなパワーフィールを作り出している。なお、M&MではAP1の2.2リッター化やAP2の2.4リッター化など、豊富なアップグレードメニューも用意している。

シャープなレスポンスが存分に体感できる、オリジナルのスポーツインジェクションシステム。制御は専用のフルコンで行われ、イモビライザーやエアコンなど実用面への影響も皆無。車検にも対応している。撮影車両はネット付きのファンネル仕様となっているが、異物の混入を防ぐための専用のインテークボックスも設定(別売)。

足回りには自社オリジナル設計のM&Mレーシングダンパーを採用。スプリングのレートは前後とも20kg/mmが標準だが、減衰力共にフルオーダーも可能。その他、フロントブレーキはAPレーシングの4ポットを装着。

ちなみにこの迫力のスタイルは、熱狂的なホンダフリークが多く存在する北米のストリートシーンでも大好評で、発売開始以来、これまで数え切れないほどのキットが海を渡ったという。

今後も歴史的な価値が高まってくることが必至なS2000だけに、フルオリジナルで大切に維持し続けることもその楽しみ方のひとつだが、ワイドボディで自分流のアレンジを表現するという手法もまた、正しい楽しみ方と言えるのではないだろうか。

●取材協力:M&M 福岡県太宰府市国分1丁目18-8 TEL:092-923-1955

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します