サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 各社バラバラで視覚障がい者にはわかりにくい? 電動車が発する「擬音」を統一すべき理由

ここから本文です

この記事をまとめると

■電動車走行時の擬音装置の装備は国際基準で義務化されている■日産は初代リーフのときに米視覚障がい者団体と共同で擬音を開発■各社同じ音に統一することがユーザーのためになるはず

高齢者には聞こえにくい? ハイブリッドやEVの「接近音」は現状がベストなのか

モーター駆動できるクルマへの義務化はされているが

 電気自動車(EV)はもとより、モーター走行するハイブリッド車(HV)を含め、発進から低速走行までの間は、クルマが走ることを知らせる擬音を使った音出しを車外へ行っている。これを、車両接近通報装置と呼ぶ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ