現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマのセンターコンソールのコントローラーって必要? 使いづらいシステムを採用するメリットはあるのか

ここから本文です

クルマのセンターコンソールのコントローラーって必要? 使いづらいシステムを採用するメリットはあるのか

掲載 更新
クルマのセンターコンソールのコントローラーって必要? 使いづらいシステムを採用するメリットはあるのか

 右ハンドル車だと左手で操作することになる

 ナビケーションシステム、インフォテイメントシステムの多機能化によって、ナビなどの操作を、センターコンソール上にあるダイヤルやタッチパッドで行うクルマが存在する。国産車ではマツダ、輸入車ではメルセデスベンツ、BMWが代表的で、マツダは「コマンダーコントロール(タッチパッド機能)」、メルセデスベンツは「COMANDシステム」、BMWは「iDriveコントローラー(コントロール・ディスプレイ用、ダイレクト・メニュー・コントロール・ボタン、タッチパッド付)」などと呼ばれているが、すべての人にとって、使いやすいと言えそうにない理由がある。

進化すればいいってもんじゃない! オヤジ世代が困惑する使いづらいクルマの最新機能7選

 そもそも、ナビなどの操作を手元で行う仕様は、まず、ディスプレイが遠いことが挙げられる。つまり、ディスプレイに手が届かないために、手元で操作しなければならないわけだ。

 が、マツダ3、メルセデスベンツA/B/Cクラス、BMW3シリーズにしても、ディスプレイがどうにも手の届かない場所にあるわけではない。むしろ、多機能に対応する機能の集約と、先進性のアピールが目的のように思える。それには、ディスプレイが指先の手垢(てあか)で汚れない、操作時の姿勢変化が少なくて済む……などのメリットがある。

 しかし、パソコンのマウスやスマホの操作経験の少ない人、シニア層にとっては、慣れない操作となりがちだ。ディスプレイのスイッチ&タッチ操作のほうが直感的に使えるのではないだろうか。

 さらに、右ハンドル車の場合、ダイヤルやタッチパッドは左側にあり、左手で操作することになる。普段からデスクトップパソコンのマウスを使用しているボクにしても、右利きの場合、慣れないと指先の操作がスムーズにいかないこともあったりする。とくに、ひらがなをダイヤルスイッチで1文字ずつ入力していく作業は面倒このうえない。

 最近では、音声コマンドで各種機能を使えるようになっているとはいえ(今ひとつ信用できないが)、センターコンソールのコントローラー操作を使いこなすには、慣れや練習!?  が必要になったりするわけだ。

 ブラインド操作ができないうちは視線を落とすことに

 実際、画面操作のインフォテイメントシステムを使っているボクが、新車の試乗などでセンターコンソールのコントローラーを操作する際、たとえばトヨタ・アルファード&ヴェルファイアのような、ドライバーに近い位置にある、高精細9.2型TFTワイドタッチディスプレーの静電式タッチパネルとスイッチを操作するよりずっと面倒に感じる。

 スマホやタブレット経験者なら、画面は汚れるものの、フリック操作やマルチタッチによる拡大・縮小表示による操作方法のほうが、使いやすいと感じる人が多いはずである。

 メーカーとしては、センターコンソールのコントローラーはブラインド操作も可能で便利……と説明するが、毎日乗っていて、しょっちゅうダイヤルやタッチパッドを操作している人ならともかく、たまにしか乗らないサンデードライバーだと、慣れるまでに相当な時間がかかると思われるし、ブラインド操作ができないうちは、視線を大きく落とす必要も出てくるのだ。もちろん、センターコンソールのコントローラー操作のほうが、慣れれば使いやすいという人も、なかにはいるはずだが。

 結論として、ディスプレイが、どうにも手が届かない位置にあるクルマはともかく、個人的にはディスプレイを直接操作でき、ステアリングスイッチやボイスコントロールを併用するナビ、インフォテイメントシステムのほうが使いやすいと感じている(シニアなので)。タブレットを使うのに、別体の複雑な操作を強いられるダイヤル&タッチパッドでしか操作できないとすれば、やっぱり面倒ではないか……。

 新車購入の際、センターコンソールのコントローラー装着車なら、実際に目的地設定などをさまざまな入力方法で試して、使い勝手の良否を確認しておくことをお薦めする。もっとも、お気に入りのクルマを、ナビやインフォテイメントシステムの操作のしにくさだけであきらめるのは、ナンセンスだが。

 そんな議論をよそに、時代は本体にナビ機能を持たない、スマホとクルマを接続することを前提とした、車内でスマホの機能やアプリが使えるディスプレイオーディオ標準装備の方向に向かっていたりもするんですけどね……。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【ガチ恐怖】クルマにまさかの落雷!! 車内の人は大丈夫?? クルマは壊れないの!?
【ガチ恐怖】クルマにまさかの落雷!! 車内の人は大丈夫?? クルマは壊れないの!?
ベストカーWeb
山中に放置された「ランドローバー」をレスキュー! 所有して25年ほどになる個体はアルミ地肌むき出しでも「ノープロブレム!」
山中に放置された「ランドローバー」をレスキュー! 所有して25年ほどになる個体はアルミ地肌むき出しでも「ノープロブレム!」
Auto Messe Web
アーロンが予選最速! フィッティパルディ退けポールポジション獲得。宮田莉朋18番手|FIA F2ハンガロリンク
アーロンが予選最速! フィッティパルディ退けポールポジション獲得。宮田莉朋18番手|FIA F2ハンガロリンク
motorsport.com 日本版
ルノー 「カングーキャンプ」9月開催 フレンチBBQと秋の自然を満喫するキャンプイベント
ルノー 「カングーキャンプ」9月開催 フレンチBBQと秋の自然を満喫するキャンプイベント
グーネット
食わず嫌いはもったいない!BYD SEAL驚愕の加速性能【工藤貴宏】
食わず嫌いはもったいない!BYD SEAL驚愕の加速性能【工藤貴宏】
グーネット
日産 「ノート オーラ NISMO」をマイナーチェンジ 新たに4WD車を設定【動画あり】
日産 「ノート オーラ NISMO」をマイナーチェンジ 新たに4WD車を設定【動画あり】
グーネット
ヌービルがコースオフのシェイクダウンはヒョンデ1-2。勝田と地元セスクも好調/WRCラトビア
ヌービルがコースオフのシェイクダウンはヒョンデ1-2。勝田と地元セスクも好調/WRCラトビア
AUTOSPORT web
プジョー、ニコ・ミューラーの今季限りでの離脱を発表。後任は宮田莉朋のチームメイトが有力か
プジョー、ニコ・ミューラーの今季限りでの離脱を発表。後任は宮田莉朋のチームメイトが有力か
AUTOSPORT web
楽しさと完成度はクラストップ! トヨタ・ヤリス・クロスへ試乗 130馬力のHV追加で競争力強化
楽しさと完成度はクラストップ! トヨタ・ヤリス・クロスへ試乗 130馬力のHV追加で競争力強化
AUTOCAR JAPAN
ファン・ホーペンが予選最速。セッションはタイトル候補ブラウニングのクラッシュで赤旗終了に|FIA F3ハンガロリンク
ファン・ホーペンが予選最速。セッションはタイトル候補ブラウニングのクラッシュで赤旗終了に|FIA F3ハンガロリンク
motorsport.com 日本版
3連覇に向けTeam HRCが会見。初参戦のザルコは「とても安定して自信を持って走ることができた」とレースへ期待/鈴鹿8耐
3連覇に向けTeam HRCが会見。初参戦のザルコは「とても安定して自信を持って走ることができた」とレースへ期待/鈴鹿8耐
AUTOSPORT web
マツダCX-30がグレード体系刷新の商品改良。レトロモダン世界観をテーマにした特別仕様車も
マツダCX-30がグレード体系刷新の商品改良。レトロモダン世界観をテーマにした特別仕様車も
AUTOSPORT web
美しすぎる新型「爆速スポーツカー」世界初公開! 専用開発の「V型10気筒エンジン」搭載で“1200馬力”を発揮! まさに公道を走る“戦闘マシン”新型「RB17」とは
美しすぎる新型「爆速スポーツカー」世界初公開! 専用開発の「V型10気筒エンジン」搭載で“1200馬力”を発揮! まさに公道を走る“戦闘マシン”新型「RB17」とは
くるまのニュース
ロシアの『ウラルカリ』社、ハースF1からの返済が裁定通りに行われていないと主張。マシンの引き渡しに関する返答もなし
ロシアの『ウラルカリ』社、ハースF1からの返済が裁定通りに行われていないと主張。マシンの引き渡しに関する返答もなし
AUTOSPORT web
『レンジローバー・スポーツ』に古代神話と宇宙からインスピレーションを得た5台の特別な限定車
『レンジローバー・スポーツ』に古代神話と宇宙からインスピレーションを得た5台の特別な限定車
AUTOSPORT web
スマート・フォーツー復活へ 後継車開発まもなく始動? 新型「#2」採算性が課題に
スマート・フォーツー復活へ 後継車開発まもなく始動? 新型「#2」採算性が課題に
AUTOCAR JAPAN
日産ノートオーラNISMOに待望の4WD追加! ちょっと刺激的なドライビングフィールを体感する
日産ノートオーラNISMOに待望の4WD追加! ちょっと刺激的なドライビングフィールを体感する
レスポンス
ホンダ、鈴鹿8耐予選は3番手に甘んじるも焦りナシ。トップ10予選は「舐められないタイム」が出ればOK?
ホンダ、鈴鹿8耐予選は3番手に甘んじるも焦りナシ。トップ10予選は「舐められないタイム」が出ればOK?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0570.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

209.9578.0万円

中古車を検索
Aクラス セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0570.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

209.9578.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村