サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 職業ドリフト・アーティスト! モータースポーツではイマイチだった「カリスマドライバー」ケン・ブロックって何者?

ここから本文です

職業ドリフト・アーティスト! モータースポーツではイマイチだった「カリスマドライバー」ケン・ブロックって何者?

 この記事をまとめると

■パイクスピークヒルクライムにEVで参戦するアウディのドライバーにケン・ブロックを抜擢

レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

■ケン・ブロックは、かつてはWRCにも参戦していたがチャンピオンにはなっていない

■ドリフト走行を利用したアート作品を手掛けるドリフトアーティストとして活躍する

 リバイバルした伝説マシンとカリスマドライバーのコラボが実現

 あのアウディのラリーマシンがEV(電気自動車)として復活する。

 独アウディは2021年12月15日、アメリカ屈指のヒルクライムレースイベント「パイクスピークヒルクライム2022」に「アウディS1 Hoonitron」を参戦させると発表した。WRC(世界ラリー選手権)で活躍した往年の名車「アウディ・スポーツ・クワトロS1」を、最新EV「アウディRS e-Tron GT」を手掛けたアウディ・デザイン部門が現代のイメージを大胆に盛り込んだという。車両スペックの詳細は未公開だが、前後の車軸それぞれにモーターを持つ2モーター式四輪駆動車で、車体がカーボンファイバーを使用するワンオフモデルとして設計された。

 注目のドライバーは、ケン・ブロックだ。

 ケン・ブロックといえば、近年ではモンスターエナジー社がスポンサードした、レトロな雰囲気のフォードマスタングやピックアップトラック等で、モンスターエナジー社の各種プロモーションに登場したことが記憶に新しい。

 ドリフトアーティストとして名所でドリフトしまくる!

 YouTubeで検索し、こうしたケン・ブロックが参加した各種動画して頂ければ、ケン・ブロックは「いかに特殊な存在」なのかがすぐに分かるだろう。

 走行の舞台が、大都会ロサンゼルスのダウンタウンやフリーウェイだったり、メキシコの古い町並みのド真ん中だったり。または、極寒の北欧での氷上だったり。

 こうした各種動画での特長は、画面に人の気配がないことだ。現代社会のリアルな場所なのに、人の気配を消すことで、まるでバーチャルのような空間を演出し、その中をケン・ブロックが操る豪快マシンが爆走する。大予算をかけた映画のワンシーンのようでもあり、コンピュータゲームソフトのひと幕であるようにも見える、なんとも不思議な空間である。見方を変えると、他の類のない独創的なビジネスモデルだともいえるだろう。

 さて、ケン・ブロックなる人物。職業を、ドリフト・アーティストという。そう、彼と彼のチームはクルマのドリフト走行を利用したアート作品を手掛けているのだ。

 ケン・ブロックは1967年のカリフォルニア州生まれというから、54歳とけっして若くない。モータースポーツのバックグランドとしては、38歳の時に米ローカルラリー選手権に初出場したという極めて遅咲きだ。

 2000年代から2010年代にWRCに参戦しているが、輝かしい戦歴は残していない。また、2台でタイムアタック形式で戦うラリークロスの出場経験があり優勝経験はあるがシリーズチャンピオンなっていない。

 モータースポーツの世界では大ブレイクできなかったケン・ブロックが、新たに目指した道がドリフト・アーティストだったのだ。エンターテインメント大国のアメリカならではの、サクセスストーリーである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら