サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 初開催のF1カタールGPで相次いだ左フロントタイヤのパンク。ボッタスら4名は「前兆がなかった」と振り返る

ここから本文です

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、日曜日のF1第20戦カタールGPで左フロントタイヤの不具合に見舞われた最初のひとりだった。ボッタスは他のドライバーと同様に、突然のパンクに対し前兆を感じていなかったと明かした。

 決勝レースでは、ボッタスはトップのふたりからはかなり離されていたものの3番手を走行し、レッドブルのセルジオ・ペレスの前にいたが、パンクに見舞われてピットストップを余儀なくされた。ボッタスはポイント圏外でコースに復帰したが、その後マシンの損傷が確認されたため、チームの指示でリタイアした。

タイヤ管理とペレスの猛追。アルピーヌF1、アロンソの3位獲得に向け終盤は「緊迫していた」と振り返る

「何が起きたのか本当に分からない」とボッタスは語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン