サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電動車が増える時代。EV用バッテリーのリサイクル&リユース技術はどこまで開発が進んでいるか

ここから本文です
 EVの普及が進むにつれて、バッテリー(電池)のリサイクルやリユースを巡る動きが活発になってきた。EVにとって、モーターと並んで不可欠なシステムがバッテリー。EVで主流のリチウムイオンバッテリーには、レアメタルが含まれているため、性能低下などで交換された使用済みバッテリーの利用価値は高い。

 そんな中、4月に設立された新団体が、電池サプライチェーン協議会(BASC)。BASCは、電池サプライチェーンの国際競争力の強化を推進することを目標に掲げている。会員企業は、オールジャパンの約50社。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン