サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ミニバン」「コンパクト」「SUV」! 年度末セールで狙いたいジャンル別「お買い得」車種とグレード4選

ここから本文です

「ミニバン」「コンパクト」「SUV」! 年度末セールで狙いたいジャンル別「お買い得」車種とグレード4選

 充実した機能や装備をもつ安価なモデルも!

 1)ミニバン

日本車ってやっぱり最強! 「安い・使える・走りも最高」3拍子揃った超コスパ高めのクルマ5選

 日産セレナハイウェイスターV(307万1000円)

 年度末購入のカテゴリー別推奨車種として取り上げる条件は、ファミリーカーとして安全かつ便利に使えて、機能や装備の割に価格を抑えていることだ。

 ミニバンのベスト車は、セレナハイウェイスターVになる。標準ボディが5ナンバーサイズに収まるミドルサイズミニバンでは、車内がもっとも広い。多人数で快適に移動できて、3列目を畳むと、4名で乗車して自転車などの大きな荷物も積める。シートアレンジも豊富で、ミニバンの機能を幅広く向上させた。

 グレードはノーマルエンジン(スマートシンプルハイブリッド)を搭載したハイウェイスターVがベストだ。e-POWERハイウェイスターVも魅力だが、価格が高く358万2700円に達する。

 販売店によると「セレナにはオトクな在庫車もあり、残価設定ローンについては、購入後1年間は金利負担がゼロになるサービスを実施中」という。

 2)コンパクトカー

 ホンダ・フィット1.3ホーム(171万8200円)

 コンパクトカーには複数のタイプがあり、もっとも買い得なのは、全高を立体駐車場が利用しやすい1550mm以下に抑えた5ナンバー車だ。トヨタ・ヤリス、日産ノート、ホンダ・フィット、マツダMAZDA2(旧デミオ)、スズキ・スイフトなどが該当する。ライバル車同士の競争も激しく、価格も割安になった。

 このなかでファミリーカーとして使うことを考えると、フィットの推奨度が最も高い。居住空間が広く、とくに後席は、全高が1550mm以下のコンパクトカーでは一番快適だ。足もとの空間はミドルサイズセダンと同等に広い。

 燃料タンクを前席の下に搭載したから、荷室は底が深く大容量だ。後席を床面へ落とし込むように畳むと、ボックス状の広い空間に変更できる。後席の座面を持ち上げると、車内の中央に背の高い荷物も積める。

 さらに自転車を検知できる衝突被害軽減ブレーキなども採用して価格は割安だ。もっとも買い得なグレードは1.3リッターのノーマルエンジンを搭載するホームだが、e:HEVも価格上昇を34万9800円に抑えた。ハイブリッド車としては、ノーマルエンジンとの価格差が少ない。

 販売店では「決算期だから売れ筋のホームについては在庫車を仕入れており、値引きや下取り車の買取額も通常に比べて多い。残価設定ローンの金利は、フィットの場合、年率2.5%に下げている」という。

 室内空間が充実したモデルには買い得グレードが存在する

 3)軽自動車

 ダイハツ・タントX(149万500円)

 ファミリーで使える価格の求めやすい軽自動車ではタントがベストだ。左側のセンターピラーはスライドドアに内蔵され、前後ともに開くと開口幅が1490mmまで広がる。助手席を前側にスライドさせて後席の足もと空間を広げておけば、ベビーカーを持って車内に入り、その場で子供をチャイルドシートに座らせる作業を行える。雨が降っているときも快適だ。

 現行型は主力グレードの運転席にも長いスライド機能を採用したから、降車せずに車内で運転席まで移動できる。つまり左側から乗り込んで、右側の運転席に移る導線を確立させた。ワイドに開くスライドドアは、高齢者の乗り降りにも適する。

 そして現行型は先代型の欠点つぶしをおこなったから、後席の座り心地は、ホンダN-BOXやスズキ・スペーシアよりもボリューム感が伴って快適だ。操舵感の鈍さも解消され、ライバル車と乗り比べると機能を高めたことが分かる。

 買い得グレードは標準ボディのXだ。実用装備を充実させて価格は150万円を下まわり割安感が強い。それでも現行タントは、売れ行きが伸び悩む。発売は2019年で設計が比較的新しいのに、2020年の届け出台数は、ライバル車のN-BOXとスペーシアを下まわった。そこでフルモデルチェンジの直前に設定するような買い得度の強い特別仕様車を数回にわたり投入したが、売れ行きは上向かない。

 販売をテコ入れするため、残価設定ローンには、年率1.5%の低金利を実施した。販売店では「カーナビのオプション装着に加えて、下取り車の買取価格も高めるなど、可能な限りのサービスを実施している」という。

 4)SUV

 スバルXV・2.0e-Lアイサイト(265万1000円)

 SUVは人気のカテゴリーだが、今は購入のタイミングが良くない。主力車種のホンダ・ヴェゼル、日産エクストレイル、三菱アウトランダーがフルモデルチェンジを控えているからだ。

 そこでファミリーで使えて、なおかつ価格が割安なSUVを探すとXVになる。インプレッサスポーツをベースに開発されたので、ボディサイズの割に後席が広く、4名で乗車しても快適だ。荷室も使いやすい。

 そして最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は200mmだから、悪路のデコボコを乗り越えやすく、全高は1550mmに抑えたから立体駐車場の利用性も優れている。マンションなどに住んでいるユーザーを含めて、さまざまなひと達が使いやすい。

 以上のように、ボディサイズの割に車内の広い車種には、カテゴリーを問わず買い得なクルマが多い。実用性を重視して開発されるから、価格も自ずから割安になるわけだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します