サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 英国版 短命に終わったモデルたち(2) 販売期間3年

ここから本文です

英国版 短命に終わったモデルたち(2) 販売期間3年

アルファ・ロメオ・スパイダー(2007年~2010年)


ルックスは素晴らしかったが、その走りは平均的なレベルであり、スポーツカーというよりは、2シーターのカブリオレというべきモデルだった。
重量過多で、ボディからは軋み音が聞こえ、すべてがクイックに過ぎた。
――何台残ってる?:およそ1300台
――いくらで手に入る?:それなりのコンディションの個体を5000ポンド(67万円)から手に入れることができる。

VWビートルは終売 なぜフィアット500/ミニは生き残れている? 背景に存在価値

インフィニティM(2010年~2013年)


BMW 5シリーズとメルセデスのEクラスが支配する保守的なクラスにライバルモデルを投入しようとするなら、高いブランド力と素晴らしいデザイン、そして戦略的な価格設定が必要となるだろう。

だが、インフィニティではそのどれも成し遂げることができず、市場の反応もそれに応じたものだった。
――何台残ってる?:およそ300台
――いくらで手に入る?:それなりのコンディションの個体を9000ポンド(121万円)から手に入れることができる。

フィアット・イデア(2004年~2007年)


かつて、あまりにも無知な英国版Autocarスタッフは、イタリアにあるレンタカー会社のカウンターで、このクルマを「フォルクスワーゲン・ゴルフかそれに匹敵する存在」だとして、そのまま借り受けるというミスを犯している。

数分後、真夜中のアウトストラーダで彼は自らの犯したミスに気付かされることとなった。恐ろしい。
――何台残ってる?:2400台程度
――いくらで手に入る?(冗談だ):1000ポンド(13万円)から手に入れることができる。

ホンダCR-Z(2010年~2013年)


米国では2017年まで販売が続いていたが、このホンダが誇る小さなハイブリッドスポーツカー、CR-Zが英国のショールームから姿を消したのは、もう6年も前のことだった。

1980年代に登場した活気溢れるCR-Xに、低燃費で時代に相応しいハイブリッドを組み合わせるというアイデア自体は素晴らしいものだった。

だが、鳴り物入りで登場したにもかかわらず、先代が巻き起こした熱狂を再現するほどの速さは備えておらず、その燃費性能も、ふつうのディーゼルエンジンを積んだスーパーミニが簡単に達成できる程度のものでしかなかった。
――何台残ってる?:約3800台
――いくらで手に入る?:それなりのコンディションの個体を4500ポンド(61万円)から手に入れることができる。

メルセデス・ベンツ・バネオ(2002年~2005年)


その名が示すとおり、ダイムラー商用車部門が開発したこのクルマは、決して人気モデルになるようなモデルではなく、まさにその通りの結果となった。
――何台残ってる?:約1300台
――いくらで手に入る?:状態の良い車両を2400ポンド(32万円)から手に入れることができる。

セアト・トレド(2005年~2008年)


3代目トレドはアルテアに大型トランクを付け足したモデルだったが、多くのバイヤーがそのトランクの存在自体を拒否していた。
――何台残ってる?:約2200台
――いくらで手に入る?:それなりのコンディションの個体を1000ポンド(13万円)程度で手に入れることができる。

トヨタ・アーバンクルーザー(日本名:ist)(2009年~2012年)


クールなモデル名と、クールといっても良いルックスを与えられ、市場からはクールというよりもお寒い歓迎を受けたモデルだ。
――何台残ってる?:約4200台
――いくらで手に入る?:見た目に問題無い車両を3000ポンド(40万円)から手に入れることができる。

ヴォクゾール・アンペラ(2012年~2015年)


美しく、人目を引く存在でありながら、すぐに失敗作の烙印を押されることとなったこのクルマは、その高価な価格と、クリーンなモデルに対する当時の市場の無関心の犠牲者だった。
――何台残ってる?:1100台前後
――いくらで手に入る?:5桁の走行距離を刻んだモデルを9500ポンド(128万円)から手に入れることができる。

インフィニティQ30(2016年~2019年)


このサンダーランド生まれのプレミアムなセミクロスオーバー・ハッチバックは、成功が期待されたモデルであり、まずまずのインテリアを備え、実質的な姉妹モデルであるメルセデスAクラスの素晴らしい点を受け継いでもいたが、その乗り心地は落ち着きに欠け、キャビンは狭く、そして、ブランドの認知度は低かった。
インフィニティの旗振り役を務めていた日産CEO、カルロス・ゴーンの退場と軌を一にするように、2019年夏には、より本格的なクロスオーバーである姉妹モデルのQX30とともに生産が終了する予定だ。
――何台残ってる?:2900台前後
――いくらで手に入る?:1万ポンド(134万円)から手に入れることができる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します