サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン初日4番手も代表は「予想と異なりメルセデスが圧倒的有利ではない」とポジティブ/F1第21戦

ここから本文です
 2021年F1サウジアラビアGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=2番手/2=4番手だった。FP1ではルイス・ハミルトン(メルセデス)が出したトップタイムから0.056秒差、FP2では首位ハミルトンから0.195秒差だった。

 レッドブル代表クリスチャン・ホーナーは、事前の予想よりも良い状態だと述べている。
「このサーキットはデータが示唆していたよりもさらにタイトだ。コーナーが少しタイトで、我々の予想とは異なり、馬力が圧倒的に重要というわけではない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ