サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ、全方位の安全運転支援「ホンダセンシング360」を開発…まず2022年に中国の新モデルに

ここから本文です
ホンダは10月13日、車両周辺のすべての死角をカバーできる全方位安全運転支援システム「ホンダセンシング360(サンロクマル)」を開発したと発表した。まず2022年に中国で発売する新モデルに搭載し、30年までに先進諸国で販売する全モデルで採用する。

2014年に実用化した現行の「ホンダセンシング」を大幅に進化させており、他の車両や歩行者との衝突回避や運転に伴うドライバーの負荷軽減をサポートする。「360」は、ホンダセンシングの単眼カメラに加え、車両のフロントと各コーナーに計5台のミリ波レーダーを新たに装備し、360度のセンシングを実現した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン