サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 帝人、完全自動化したCF-RTM成形設備をポルトガルへ導入 欧米自動車メーカーの受注獲得

ここから本文です
 帝人は2日、自動車向け複合材料などを手掛けるポルトガルのグループ会社イナパル・プラスティコ社が、炭素繊維成形方法の1つであるCF-RTMの成形設備を新設したと発表した。製造工程の完全自動化を実現したのが特徴。部品の要求性能に応じた厚みの調整、炭素繊維を50%以上含有する高強度な成形品の製造が可能になる。射出時間は20秒と短く、生産効率向上にも寄与する。

 CF-RTMは、金型の中に炭素繊維シートを配置した後に樹脂を注入し、加熱により硬化させる成形方法。設備投資額は約550万 ユーロ (約6億8000万円)で、圧縮プレス機やRTM射出成形機、接合装置を導入した。

おすすめのニュース

サイトトップへ