サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「EJ1シビックをウェザリング!?」あえてボロを活かすオーナー拘りのカスタムメイク!

ここから本文です

わざと破れたフルバケを選んで装備!?

あえて乗りっぱなし風を演出する

「EJ1シビックをウェザリング!?」あえてボロを活かすオーナー拘りのカスタムメイク!

ハリウッド映画「ワイルドスピード」では悪役グループのマシンとして、主役のスープラを食ってしまうほどの鮮烈な印象を叩きつけたEJ1シビッククーペ。その後、日本のドレスアップシーンに巻き起こったスポコン(スポーツコンパクト)ブーム時にも人気が高まり、以来、中古車相場は高値で推移している。

エンジンは1.6LのOHCエンジン“D16型”を搭載し、当初は4速ATのみの設定だったが、後に5速MTモデルも追加された。

おすすめのニュース

サイトトップへ