現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA会長、新規F1チームとして経済大国アメリカ・中国からの“ワークス”参戦望む「これは実現可能な夢だ!」

ここから本文です

FIA会長、新規F1チームとして経済大国アメリカ・中国からの“ワークス”参戦望む「これは実現可能な夢だ!」

掲載 2
FIA会長、新規F1チームとして経済大国アメリカ・中国からの“ワークス”参戦望む「これは実現可能な夢だ!」

 FIAは2025年シーズンから参戦を開始する新規F1チームからの入札を受け付け、その評価を行なっている真っ只中にある。そんな中FIAの会長を務めるモハメド・ベン・スレイエムは、世界2大経済大国であるアメリカと中国の自動車メーカーが、F1にワークス参戦することを願っていると語った。

 motorsport.comの姉妹サイトであるMotorsport-total.comの取材に応じたベン・スレイエム会長は、F1の人気をさらに高めるためにも、アメリカと中国のメーカーが参戦することが自身の夢であると明かす。

■11番目のF1チーム“APXGP”、イギリスGP決勝のフォーメーションラップに参加。主演ブラピ登場もステアリング握らず

「私の夢はメーカーによるオールアメリカンチームの参戦だ。中国のメーカーも見てみたい」とベン・スレイエム会長は言う。

「夢を持つことは誰にでも許される。しかし、これは実現可能なモノでもある。中国は人口14億人で、道路を走る電気自動車の半数以上が中国製だ。これは事実であり、大きな市場だ」

 またベン・スレイエム会長は、2026年からF1に導入される次世代パワーユニット(PU)レギュレーションが、彼が望む自動車メーカーを惹きつける要素になると考えている。

「中国人は、EVとハイブリッドに関して真剣だ」とベン・スレイエム会長は言う。

「言えることがあるとすれば、昨年のPU(次世代PUレギュレーション導入決定)は正しい選択だった」

「もし我々がそうしていなかったら、アウディが新規参戦したと思うかね? あれはPUレギュレーションが承認され、全チームが署名した後に決まったことだ」

「我々はこのスポーツのためにそうした。そして門戸を開き、ホンダが来て、フォードもやってきた」

「ポルシェも決定を行なっている。ポルシェとF1はまだホットな関係にあると言える。全ては正しい理由があって起こっている」

 アメリカの自動車大手フォードは、すでにレッドブルとパートナーシップを結び、2026年の新PUを共同開発することとなっている。一方でゼネラル・モーターズ(GM)は、傘下のキャデラックブランドを通して、新規参戦を目指すアンドレッティと提携を結んでいる。

 なおこれまで、中国の自動車メーカーがF1に深く関与したことはない。

F1オーナーの恩恵

 ベン・スレイエム会長が自動車メーカーの誘致を望む一方で、既存のF1チームやF1のステファノ・ドメニカリCEOが、新規チーム受け入れに懐疑的な見方を示している。

 しかしベン・スレイエム会長は、レギュレーションが許す限り多くのチームを受け入れることが、FIAの義務だと考えている。そしてF1オーナーであるリバティメディアと、そのグレッグ・マフェイCEOは彼の味方だと言う。

「リバティメディアが新規チームを受け入れると宣言したのを見た時は嬉しかった」とベン・スレイエム会長は言う。

「我々の責任は、全てのデューデリジェンスを行ない、必要な全ての調査を行なうことだ」

 ベン・スレイエム会長のコメントは、マフェイCEOが6月に”ウォーカー・ウェブキャスト”に登場した際に行なった発言に言及したモノだ。マフェイCEOは、当時次のように語り、新チームを受け入れることに前向きな姿勢を示した。

「適切な状況であれば、我々は11番目のチームを受け入れるために動くと思う」

「このスポーツに多くの価値をもたらし、ファンに多くの価値をもたらすことができる誰かが、テクノロジー業界における彼らのポジション、メーカーとしての彼らのポジション、マーケティングにおける彼らのポジション、それら全ての組み合わせによって、何かしらの合意に至ることは想像できる。しかし、10チームの間で論争がない訳ではない」

 ただ、いくつかのF1開催サーキットではガレージのスペースが不足しており、既存チームにとっては商業的な損失も考えられることから、複雑な課題が残っていると指摘している。

「11番目の枠を設置するのが難しいガレージやパドックエリアは、おそらく4~5ヵ所あると思う」とマフェイCEOは続けた。

「お金と時間をかければ解決できるかもしれないが、指を鳴らせば解決できるという問題じゃない」

「もうひとつの問題は、10チームが各チームに入る賞金を分け合っているということだ。11チームに分けることに、彼らは特に積極的ではない」

こんな記事も読まれています

「埼玉県内しか走らない夜行バス」がある? 1年に1回大活躍の異色ルート 終点には朝3時着
「埼玉県内しか走らない夜行バス」がある? 1年に1回大活躍の異色ルート 終点には朝3時着
乗りものニュース
レッドブルF1代表、姉妹チーム・アルファタウリと関係強化も悪名高き“コピー版”の「ピンクメルセデスみたいにはならない」
レッドブルF1代表、姉妹チーム・アルファタウリと関係強化も悪名高き“コピー版”の「ピンクメルセデスみたいにはならない」
motorsport.com 日本版
クルマの「オイルフィルター」交換してる? 古いままだと「エンジンが壊れる」可能性! そもそもなぜ定期的な「メンテナンス」が必要なのか
クルマの「オイルフィルター」交換してる? 古いままだと「エンジンが壊れる」可能性! そもそもなぜ定期的な「メンテナンス」が必要なのか
くるまのニュース
ドルビーアトモスの3Dサラウンドは圧巻!進化する車載オーディオによってクルマがエンタメ空間になる時代へ
ドルビーアトモスの3Dサラウンドは圧巻!進化する車載オーディオによってクルマがエンタメ空間になる時代へ
@DIME
2023年最終戦を迎えたMotoEの「Eパドック」の様子 ~ミサノ・サーキットのパドックをぶら歩き。~
2023年最終戦を迎えたMotoEの「Eパドック」の様子 ~ミサノ・サーキットのパドックをぶら歩き。~
バイクのニュース
“アブダビ騒動”の後、F1引退もよぎったルイス・ハミルトンが今も現役な理由「感情で物事を決めるのは良くないことだと思った」
“アブダビ騒動”の後、F1引退もよぎったルイス・ハミルトンが今も現役な理由「感情で物事を決めるのは良くないことだと思った」
motorsport.com 日本版
ポータブル電源の新たな可能性! 車載カーナビや家電を快適に活用 ~Weeklyメンテナンス~
ポータブル電源の新たな可能性! 車載カーナビや家電を快適に活用 ~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スペーシア 未来の扉を開けるか【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
スペーシア 未来の扉を開けるか【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
三井住友海上、調査委員会がビッグモーター対応の報告書 自賠責に関する圧力や報復で厳しい対応取れず
三井住友海上、調査委員会がビッグモーター対応の報告書 自賠責に関する圧力や報復で厳しい対応取れず
日刊自動車新聞
約130万円で買える「コンパクトSUV」! めちゃタフ顔の斬新「最強レジャー車」がカッコいい! “ゴツゴツボディ”のダイハツ「タフト」の魅力とは
約130万円で買える「コンパクトSUV」! めちゃタフ顔の斬新「最強レジャー車」がカッコいい! “ゴツゴツボディ”のダイハツ「タフト」の魅力とは
くるまのニュース
510馬力の最強ミドルSUV! アルファ ロメオ「ステルヴィオ」の高性能モデル、クアドリフォリオが性能向上 LSDを初搭載
510馬力の最強ミドルSUV! アルファ ロメオ「ステルヴィオ」の高性能モデル、クアドリフォリオが性能向上 LSDを初搭載
VAGUE
日米頂上決戦「RS★Rドリフトフェスティバル」開催! 谷口信輝は3位、勝者はF・オズボーとなるも団体戦は日本チームが勝者に
日米頂上決戦「RS★Rドリフトフェスティバル」開催! 谷口信輝は3位、勝者はF・オズボーとなるも団体戦は日本チームが勝者に
Auto Messe Web
電気だけで動くEVと、ガソリンと電気のハイブリッド車PHEV、いま購入するならどっち?
電気だけで動くEVと、ガソリンと電気のハイブリッド車PHEV、いま購入するならどっち?
@DIME
EV走行は速さも距離も100kmオーバーを実現。メルセデス・ベンツ GLCにプラグインハイブリッド車を新設定
EV走行は速さも距離も100kmオーバーを実現。メルセデス・ベンツ GLCにプラグインハイブリッド車を新設定
Webモーターマガジン
トライアンフがモトクロッサー『TF 250-X』を発表
トライアンフがモトクロッサー『TF 250-X』を発表
レスポンス
WEC王者トヨタに勝つのは簡単じゃない! キャデラックのバンバー「F1で1年目からレッドブルに勝ちたいと思うようなモノ」
WEC王者トヨタに勝つのは簡単じゃない! キャデラックのバンバー「F1で1年目からレッドブルに勝ちたいと思うようなモノ」
motorsport.com 日本版
レッドブルF1のマルコ「フェルスタッペンはまだピークに達していない」タイトルを支えたホンダへの感謝も
レッドブルF1のマルコ「フェルスタッペンはまだピークに達していない」タイトルを支えたホンダへの感謝も
AUTOSPORT web
上野のパンダでもキャバレーのダンスでもない! トラックドライバーが使う用語「カンカン」って何?
上野のパンダでもキャバレーのダンスでもない! トラックドライバーが使う用語「カンカン」って何?
WEB CARTOP

みんなのコメント

2件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村