サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】駆け引きが今後の課題? 表彰台まで“あと一歩”に迫った中上貴晶、ホンダ首脳の視線は

ここから本文です
 2020年10月24日、日本の2輪モータースポーツファンの間では大きな期待が渦巻いた。ロードレース世界選手権最高峰のMotoGPクラスに参戦する中上貴晶(LCRホンダ)が、日本人として16年ぶりのポールポジションを獲得し、同じく16年ぶりの勝利の可能性も見えてきたからだ。

 MotoGPクラスでの3年目のシーズンとなった昨年、中上は大きく成長した。第3戦アンダルシアGPでは表彰台までコンマ5秒の位置で4位に入ると、第6戦スティリアGPではキャリア初のフロントロウを獲得。

おすすめのニュース

サイトトップへ