サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】中上貴晶、サンマリノGPは10位。「厳しいレースだったが前進できた。テストで改善を進めたい」

ここから本文です

 ミサノ・サーキットで開催されたMotoGP第14戦サンマリノGP。中上貴晶の所属するチームLCRにとっての母国戦を、彼は10位で完走。厳しいレースだったものの、前進することができて良かったと語った。

 中上はサンマリノGP初日は厳しい立ち上がりとなり、2日目には改善を進めたもののQ1からのスタートを余儀なくされ、13番グリッドが決定。決勝レースではヨハン・ザルコ(プラマック)やミケーレ・ピッロ(ドゥカティ)といったライダーと、10番手周辺での争いを続けた。

■MotoGPサンマリノ決勝:バニャイヤ、2戦連続ポール・トゥ・ウィン! バスティアニーニが殊勲の3位初表彰台

 終盤にはブラッド・ビンダー(KTM)に追い抜きを許してしまい、中上は10位でフィニッシュ。

おすすめのニュース

サイトトップへ