サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 販売店も要望する「ミニバン」が復活できない! マツダが悩む「魂動デザイン」と「意のままの操縦性」という自縄自縛

ここから本文です

 この記事をまとめると

■マツダからは2018年を最後にミニバンから完全撤退をしている

RX-7&8だけじゃない! バスやトラックまであるマツダのロータリーエンジン搭載の「意外な」モデルたち

■需要がないわけではなく、販売現場からミニバンを求める声は多い

■マツダの代名詞「魂動デザイン」の存在がひとつの壁となっている

「デザイン」を取るか「居住性」を取るか

 マツダの現在の車種構成を見ると(OEMの軽自動車と商用車を除く)、SUVが5車種で最も多く、ハッチバック/ワゴン/セダンは3車種、スポーツカーのロードスターとなる。SUVが多い代わりに、ミニバンは用意されない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン