サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > さあ出かけるぞ!! 旅好きも鉄道好きも大満足確実!! この夏ガチで推したい「観光列車」3選

ここから本文です

さあ出かけるぞ!! 旅好きも鉄道好きも大満足確実!! この夏ガチで推したい「観光列車」3選

 2022年も7月に入り、いよいよ夏本番! 今回はこの夏に乗りたい観光列車3選をお届けします。どの列車も夏が似合うとっておきの列車たち。皆さんの夏のご予定にいかがですか!!

文、写真/村上悠太

さあ出かけるぞ!! 旅好きも鉄道好きも大満足確実!! この夏ガチで推したい「観光列車」3選

■JR東日本「海里」

 JR東日本の中でも有数の絶景路線である、羽越本線。名勝・笹川流れのすぐよこを走り、車窓にはおだやかな夏の日本海の光景が広がります。そんな羽越本線を走っているのが「海里」です。

新潟・山形の味覚と海風景を満喫できる「海里」

 列車のコンセプトは「新潟・庄内の食と景観を楽しむ列車」。新潟駅と山形県酒田駅の間を金・土休日を中心に1往復しています。酒田行き「海里」の新潟駅の出発は10時11分と少しゆっくり目なので、上越新幹線を利用すれば東京からのアクセスも可能です。また、酒田発新潟行き「海里」は新潟駅に18時31分に到着するので、その日のうちに東京へ戻ることもできます。

 さて、そんな「海里」ですが日本海の絶景も楽しみの一つですが、あらかじめ旅行商品を購入しておけば、車内で沿線の料亭やレストランが作る食事メニューを味わうことができます。メニューは季節により変わり、「海里」が走る新潟・山形の食材がふんだんに使われています。ちょうどランチタイムに走行する酒田行きでは和食のメニューが、夕方にかけて走行する新潟行きではイタリアンの軽食とドルチェが用意されています。

 4両編成のうち、1号車はリクライニングシートタイプの座席ですが、注目したいのは2号車。グループ旅行に最適な定員4名のコンパートメント席になっています。しかも座席を引き出せばフルフラット形状になり、小上がりのような使い方もできるんです!

 そして3号車は売店・イベントスペース。こちらでは車内限定のオリジナル商品やお弁当、飲み物を販売。一部の窓は少しだけ開けることができるので、潮風を感じることができます。最後の4号車はダイニング。旅行商品を購入した方向けの号車になっていて、2人掛けと4人掛けのシートがならんでいます。

4号車「ダイニング」で楽しめる食事付きプラン

「海里」は全席指定の列車で、乗車には乗車券と840円の指定席料金がかかります。1、2号車については駅の指定席券売機やみどりの窓口、JR東日本のWeb予約サービス「えきねっと」で予約可能です。

 また、4号車食事付き旅行商品は「のってたのしい列車予約サイト」から購入可能です。旅行商品は乗車の4日前まで購入が可能です。旅行商品の料金には海里の乗車券・指定券、食事、ウェルカムドリンク、食後のドリンクが含まれており、酒田行きは15000円、新潟行きは11500円です(新潟~酒田間、おとなこども同額)。

【「のってたのしい列車予約サイト」】

■JR四国 「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」

 現在、3つの「ものがたり列車」が走っているJR四国。今年春にリニューアルした予讃線を走る「伊予灘ものがたり」、土讃線を走る「四国まんなか千年ものがたり」、そして今回ご紹介したい「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」がそれぞれ個性豊かに四国各地を走っています。高知駅と土讃線の終点である窪川駅を結ぶ観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」のコンセプトは、「土佐流のおもてなしで楽しむ列車旅」。車体には坂本龍馬の肖像が描かれています。

ホッとするようなおもてなしが魅力の「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」

 2両編成の車体はそれぞれ龍馬たちが水平の向こうに夢見た時の夜明けをモチーフにした「SORAFUNE」・幕末の歴史を象徴する「KUROFUNE」と名付けられており、内装も大きく意匠が異なります。

 この列車で楽しみなのは沿線のみなさんの熱いおもてなし!観光列車の醍醐味とも言えるこの「おもてなし」ですが、「夜明けのものがたり」では沿線地域の方々のほか、伊野商業高校のツーリズムコースの生徒さんや、高知大学の学生さんなど、観光や地域協働について学習する生徒さんが列車のおもてなしに参加しているのが大きなポイントです(学生さんによるおもてなしは特定日のみ実施)。

 窪川行きの下り列車は「立志の抄」、高知行きの上り列車は「開花の抄」と「ものがたり列車」らしい愛称がつけられており、この列車でもそれぞれ車内で事前予約制の食事を楽しむことができます。また、「立志の抄」では太平洋が直近に迫る安和駅でちょっとした下車観光と地元特産品の即売会を実施!波の音が聞こえる安和駅の雰囲気はとても素敵です!

 運行日は金・土休日が中心。夏は土讃線高知~窪川駅間での運転ですが、10~12月の金曜日には高知県東側と徳島県を走る土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線に乗り入れ、徳島県奈半利を結ぶ「煌海(きらめき)の抄」・「雄飛(ゆうひ)の抄」が運行されます。

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」の乗車には乗車する区間の運賃のほか、特急料金とグリーン料金が必要。高知~窪川間は3970円です。また、車内食事の予約はスマートフォンアプリなどから可能です。詳しくは公式サイトの利用ガイドを合わせてチェックしてください。「立志の抄」・「開花の抄」ともに5000円(食事代のみ)で最短で乗車日の4日前まで予約可能です。

【「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」公式予約サイト】

■JR九州「或る列車」

 最後にご紹介するのは、その内装も外観もゴージャスなJR九州の「或る列車」。観光列車の先駆け的存在とも言えるJR九州の観光列車の中でも、一際ラグジュアリーなこの列車のコンセプトはズバリ、「極上の食・時・おもてなしを味わう幻の列車」。デビュー以来、全国的にも珍しいスイーツコースを味わうことができる列車として運行されてきましたが、2021年に全面的にメニューを改良し、本格的なフルコースを楽しめる列車に生まれ変わりました。なお、「或る列車」を含め、JR九州の観光列車は「D&S(デザイン&ストーリー)列車」と呼ばれています。

極上の列車旅とフルコースを体験できる「或る列車」

「或る列車」が走る久大本線は、九州の中でも特に人気の高い風光明媚な路線で、沿線にも多くの観光地や温泉地を持つ観光路線。「或る列車」は博多駅と久大本線の由布院駅との間を走っています。

 さて、気になるコース料理も2022年6月から夏メニューにリニューアル。「或る列車」が誇る、オリジナルフルコースを監修するのは東京・南青山のレストラン「NARISAWA」オーナーシェフである成澤由浩氏。コース全体で九州産の食材にこだわり、列車内とは思えない美しい品々が展開されてゆく、孤高のフルコースが楽しめます。料理が盛り付けられる食器も、九州に住む職人の作品の数々。そして、車内で提供されるドリンク類までも、そのほとんどが九州産という徹底ぶりです。「或る列車」では、アルコール類を含めてドリンク代もツアー料金に含まれています。

1号車のキッチンでは調理のようすを見ることもできる

 博多~由布院を結ぶ「或る列車」ですが、博多駅発の往路便に乗るか由布院駅発の復路便に乗るか、少々悩みどころですが、僕のおすすめは由布院発の復路便。確かに往路便のほうがターミナル駅である博多駅発ですし、時間も11時12分ごろ発(日曜日以外)とちょうどランチにもふさわしい時間なのですが、それが故に人気が高く、少々予約が取りづらいのが難点。

 また、素敵なフルコースとワインを楽しんだあとに由布院観光、というのもちょっと大変です。復路便は由布院駅発が14時44分ごろ(日曜日以外)とランチには少々遅い時間ですが、予約も比較的取りやすく、乗車前に由布院観光を楽しみ、なんなら由布院の温泉で汗を流して、お風呂上がりにさっぱり、ゆったりとフルコースと車窓を楽しみながら博多に戻る、というのもおすすめです! なお、「或る列車」では往復共に同じメニューが提供されています。

「或る列車」は完全予約制の列車で、予約は公式サイトから。予約は希望乗車日の5日前(Web 予約時)まで可能です。運行日は金・土休日・月曜日が中心。料金はおとな1人29000円~41000円で、人数によって変わります。また、「或る列車」は10歳以上から乗車可能です。

【JR九州「或る列車」公式予約サイト】

※メニューやおもてなしなどはすべて取材時点のものです

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら