サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダF1がシェイクダウン一番乗り。フェルスタッペンにより2020年型『RB16』がコースデビュー

ここから本文です
 レッドブル・レーシングは、12日、2020年F1シーズンで使用する『RB16・ホンダ』のシェイクダウンをシルバーストンで行った。全10チームのなかでコースデビューを果たしたのは、これまでのところレッドブル・ホンダのみとなっている。

 12日現地午前に『RB16』の画像を公開したレッドブルは、この日、チームに許されたフィルミングデーを利用して、フェルスタッペンがニューマシンでシルバーストンを走行することを明らかにした。
 チームメイトのアレクサンダー・アルボンは、この日は走行せずに、SNSで新車のシェイクダウンの状況を紹介する役目を担う。

おすすめのニュース

サイトトップへ