現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スタイリッシュなコンパクトSUVが大きく変わった!──新型BMW X2試乗記

ここから本文です

スタイリッシュなコンパクトSUVが大きく変わった!──新型BMW X2試乗記

掲載 6
スタイリッシュなコンパクトSUVが大きく変わった!──新型BMW X2試乗記

フルモデルチェンジを受けた新しいBMW「X2」の走りは、爽快だった! ポルトガルで試乗した小川フミオがリポートする。

伸びやかな最新SAC

ルノー5がEVで復活!──GQ新着カー

BMWの“SAC”とはなにか? BMWのX2がそれにあてはまる。スタイリッシュなクーペデザインを採り入れたSUVで、機能一辺倒のSUVに飽きたひとが、食指を動かしているジャンルだ。

2代目にフルモデルチェンジしたX2がワールドプレミアとして発表されたのは、2023年10月の「ジャパンモビリティショー2023」。BMWは日本市場に期待しているあらわれだろう。

2024年2月にはポルトガルで「X2 M35i xDrive」のジャーナリスト向け試乗会が開催された。気持ちのよいクルマだった。

パーソナル性の強いSUVに惹かれるひとが注目するSACとは、スポーツアクティビティクーペの頭文字をとったもの。1960年代からスポーツクーペを得意としてきたBMWらしく、SUVの分野でも、これまで「X6」や「X4」を成功させてきた。

新型X2のスタイルも、流れるようなルーフラインと、あえて小さく見せたキャビンによって、軽快感が強い。かつ、今回から一部モデルに用意される21インチ径の大径ロードホイールに組み合わされたタイヤによるしっかり感がよい。

リスボン近郊のサーフィンのメッカ、カスカイス近郊でドライブしたX2 M35i xDriveは、233kWの最高出力と400Nmの最大トルクを発生する2.0リッターエンジンに、全輪駆動システムを組み合わせる。ガソリン仕様だと、日本にはもう1モデル、X2 xDrive 20i(150kW、300Nm)も導入されるが、とりあえず、高性能モデルでX2の実力を強調しようということだろう。

ガソリンモデルの優位性足まわりはやや硬めだったが、ハンドリングは正確で、加速のよさも期待を裏切らない。とくに「マイモード」と名付けられた新世代のドライブモードで「スポーツ」を選ぶと、ドライブしている私とクルマとが一体になったような気持ちよいドライブが味わえる。

わずかなアクセルペダルの踏み込み量での加速性、私の意思に忠実に効くブレーキなどもよい。開発担当者に確認すると「(基本プラットフォーム共用の)新型X1に対して足まわりやステアリングなど、よりスポーティに設定したせいでしょう」(プロジェクトリーダーのメールダッド・ババイ)とのことだ。

マイモードはおもしろい概念で、くわえて、「エフィシエント」がいわゆるエコ(BMW的にはエコプロ)で、従来のコンフォートモードは細かく「パーソナル」「リラックス」「デジタルアート」と、分けられた。音や室内の照明の色などでも変化をもたらす。

私は、スポーツモードに感心しつつ、エフィシエントモードが好みだった。少しずつ全体の操作がゆるやかになり、アクセルペダルを踏み込んだときの反応速度と、トルクの出方がすこしおだやかになるモードだ。

「もっと速く走れ!」などと車両に追い立てられるような気分がなくなり、いっぽうで、カーブが連続する山岳路でも、しっかりとしたドライブが楽しめる。高速道路ではもちろん静粛性も高く、おとなっぽいモード設定に感心した。

X2シリーズには、今回、ピュアEVの「iX2」も設定された。スムーズな加速性能や、500km近い航続距離などメリットも多いが、それに対してガソリン仕様では、床下に駆動用バッテリーをもたない分、後席のフットスペースが広くなり、荷室も深くなるなど、実用性も重視したい向きにはありがたい設計となっている。

後席シートは分割して前後にスライドし、足元を広くすることも、またいっぽうで荷室容量を大きくとれる。これもガソリン仕様であるX2のメリットといえる。

もうひとつ、オーナーをめざしているひ人へのニュースがある。インフォテインメントシステムのOSが刷新されたことだ。「BMWオペレーティングシステム9」と、名付けられ、いわゆるウィジェットを使って、さまざまなアプリケーションにアクセス出来るうえ、音声によるコマンドを重視した操作が強化された。

新型X1から導入されたのを機に、今までの円筒式コントローラーは廃止。私はドライブしていて、つい探してしまった。OS9は従来のリナックスでなく新たにグーグルアンドロイドをベースに開発されたものだ。

メリットは「サードパーティのアプリも入れられるようにするのが目的なので、アンドロイドのほうが開発者の多様性が期待できる」(OS9開発担当者)と、説明を受けた。

実際に、画面に並んだアイコンのワンタッチでアプリが呼び出せるし、正確なボイスコントロールシステムもあり、新しい感覚だ。新型「5シリーズ」や「7シリーズ」より最新のOSで“武装”したX2による、新世代のドライブは、体験する価値アリ!

文・小川フミオ 編集・稲垣邦康(GQ)

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

60万…! トヨタ「ランクル“パトカー”」販売!? 白紺ツートン&デカ“赤色灯”の特別仕様! “謎のプライスボード”を掲げた「プラド」実車展示!
60万…! トヨタ「ランクル“パトカー”」販売!? 白紺ツートン&デカ“赤色灯”の特別仕様! “謎のプライスボード”を掲げた「プラド」実車展示!
くるまのニュース
アルファロメオのスーパーカー『33ストラダーレ』、グッドウッドデビュー
アルファロメオのスーパーカー『33ストラダーレ』、グッドウッドデビュー
レスポンス
6MTのみ! 超硬派なトヨタ「新型スポーツカー」発売! 後輪駆動に「専用ロールケージ」採用した本気の「走り仕様」は約350万円!
6MTのみ! 超硬派なトヨタ「新型スポーツカー」発売! 後輪駆動に「専用ロールケージ」採用した本気の「走り仕様」は約350万円!
くるまのニュース
電動モビリティ「RICHIBIT CITY」をヨドバシカメラで販売開始
電動モビリティ「RICHIBIT CITY」をヨドバシカメラで販売開始
レスポンス
【2024年版】日産 エクストレイルVSスバル フォレスターを徹底比較
【2024年版】日産 エクストレイルVSスバル フォレスターを徹底比較
グーネット
ハースF1はなぜ躍進したのか。アップデート成功の裏にあるチームの空気感を小松代表が説明「全員に透明性がある。批判する文化はない」
ハースF1はなぜ躍進したのか。アップデート成功の裏にあるチームの空気感を小松代表が説明「全員に透明性がある。批判する文化はない」
motorsport.com 日本版
スバル「新型SUV」発表に大反響! 最安価な「コンビニエンス」登場! 6年ぶり全面刷新のタフ顔&上質内装がカッコイイ「フォレスター」カナダで登場し話題に
スバル「新型SUV」発表に大反響! 最安価な「コンビニエンス」登場! 6年ぶり全面刷新のタフ顔&上質内装がカッコイイ「フォレスター」カナダで登場し話題に
くるまのニュース
[car audio newcomer]トヨタ ウィンダム(山崎大士さん)by Warps 後編
[car audio newcomer]トヨタ ウィンダム(山崎大士さん)by Warps 後編
レスポンス
”現地の代理人”みたいな立場だった? 日本初開催のフォーミュラEで東京都が果たした役割
”現地の代理人”みたいな立場だった? 日本初開催のフォーミュラEで東京都が果たした役割
motorsport.com 日本版
ポルシェ、電動SUV「マカン」シリーズに「マカン」「マカン4S」を追加設定、合計4グレードのラインナップを展開
ポルシェ、電動SUV「マカン」シリーズに「マカン」「マカン4S」を追加設定、合計4グレードのラインナップを展開
月刊自家用車WEB
KTMがラインアップの価格改定を発表、8月1日より適用
KTMがラインアップの価格改定を発表、8月1日より適用
レスポンス
スバルの「斬新オープンカー」に熱視線! めちゃ車高アップで「悪路」も走行可能!「AWD×水平対向×オープン」実現したユニークすぎる「B9S」に反響あり!
スバルの「斬新オープンカー」に熱視線! めちゃ車高アップで「悪路」も走行可能!「AWD×水平対向×オープン」実現したユニークすぎる「B9S」に反響あり!
くるまのニュース
真夏のクルマは「オーバーヒート」にご注意! 旧車じゃなくとも10年を超えた車両に突然襲ってくるトラブルの対処法は?
真夏のクルマは「オーバーヒート」にご注意! 旧車じゃなくとも10年を超えた車両に突然襲ってくるトラブルの対処法は?
Auto Messe Web
メルセデス・マイバッハ Sクラス 伝統のV12を現代に継承する“究極のラグジュアリー”
メルセデス・マイバッハ Sクラス 伝統のV12を現代に継承する“究極のラグジュアリー”
グーネット
アウディ、SUVクーペ「Q8」に改良版「RS Q8」とさらなる強力版「RS Q8パフォーマンス」を導入!
アウディ、SUVクーペ「Q8」に改良版「RS Q8」とさらなる強力版「RS Q8パフォーマンス」を導入!
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産 ダットサン・サニーエクセレント 1400クーペGX(昭和48/1973年5月発売・KPB210型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト078】
日産 ダットサン・サニーエクセレント 1400クーペGX(昭和48/1973年5月発売・KPB210型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト078】
Webモーターマガジン
BMW『M5』新型、ワールドプレミアの瞬間…グッドウッド2024
BMW『M5』新型、ワールドプレミアの瞬間…グッドウッド2024
レスポンス
手術を乗り越えて復活! マシンをGRヤリスにスイッチして全日本ラリーに再参戦した「コバライネン」を直撃した
手術を乗り越えて復活! マシンをGRヤリスにスイッチして全日本ラリーに再参戦した「コバライネン」を直撃した
WEB CARTOP

みんなのコメント

6件
  • ******
    なんだかんだ言ってアウディの倍売れてるからなー
    よっぽどアウディダメなんだね。。。
  • eoy********
    これってガソリン車?
    燃費悪そう。
    都内で7か8か?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

628.0810.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

153.9668.0万円

中古車を検索
X2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

628.0810.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

153.9668.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村