サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権は今週末が最終大会。名取が王座か、アレジが止めるか

ここから本文です
 2021年の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権は、10月16~17日に栃木県のツインリンクもてぎで開催される第6大会で今季の最終大会となる。12台がエントリーしているが、最終大会は名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)が105ポイントで選手権をリードして迎えることになる。

 今季のスーパーフォーミュラ・ライツは序盤戦から速さが拮抗しており、参戦2年目の名取が開幕大会の富士の第1戦で優勝。第2大会の鈴鹿での第6戦まで4勝、全戦表彰台とタイトル争いをリードしてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ