サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ZMP、最大可搬重量5トンの屋内外兼用無人けん引車を発表

ここから本文です
ZMPは10月14日、無人けん引車の新モデル「CarriRo Tractor 5T(5トン)タイプ」を発表した。

無人けん引車CarriRo Tractorは、屋内・屋外両方で兼用でき、予め決められたマップ上でルートを設定すると自動で走行可能。構内運搬車の代わりに使うことで、搬送業務の省人化に貢献する。ZMPでは、2020年に工場建屋間の物資や倉庫内のパレットを搬送するを2.5トンタイプの販売を開始。物流現場から好評を得ているが、搬送効率向上のためより高い可搬重量を求める声もあり、最大可搬重量が5トンとなるCarriRo Tractor 5Tを開発した。

おすすめのニュース

サイトトップへ