サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 元王者キミ・ライコネン、2021年シーズンを最後にF1引退…通算21勝、2005年鈴鹿大逆転V

ここから本文です

キミ・ライコネンが今季限りでF1から引退する。9月1日、現所属F1チームのアルファロメオ(Alfa Romeo Racing ORLEN)が発表した。

ライコネンは自身のインスタグラムに「今年(2021年)がF1での自分のラストシーズンになる。(シーズン前の)冬の間には決めていたことだ。簡単な決断ではなかったけど、今季終了後には新しい時間が始まる」との旨を記し、2021年シーズン限りでのF1引退を公表。同時に家族やチーム、多くの関係者らに長年の感謝を伝えている。

1979年10月17日生まれ、フィンランド出身のキミ・ライコネンは現在41歳。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン