サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルの世界生産が4年ぶりの100万台割れ、台風による操業停止が影響 2019年実績

ここから本文です

スバルの世界生産が4年ぶりの100万台割れ、台風による操業停止が影響 2019年実績

SUBARU(スバル)は1月30日、2019年暦年(1~12月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年比3.1%減の98万7283台で2年連続のマイナス、4年ぶりに100万台を下回った。

国内生産は台風19合による操業停止の影響もあり、同6.2%減の61万8764台で3年連続の前年割れとなった。海外生産は『アセント』の増加により、同2.5%増の36万8519台。過去最高記録で2年ぶりのプラスとなった。

国内販売は同11.6%減の13万1261台で、2年連続のマイナスとなった。登録車は新型『フォレスター』の大幅増があったものの、その他の車種が減少し、同11.9%減の10万5075台で2年連続のマイナス。軽自動車は『プレオ』などが減少し、同10.1%減の2万6186台で、13年連続のマイナスとなった。

輸出は国内生産が減少した影響で、同5.1%減の50万5577台。3年連続のマイナスとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します