サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 10年落ちでも300万円(の例も)! ランクルは買取相場も世界最強だった

ここから本文です

10年落ちでも300万円(の例も)! ランクルは買取相場も世界最強だった

あの時、超流行ったクルマって今一体いくらの値打ちがあるんだろう? なんてオーナーじゃなくとも気になるモノ。この企画はテレビでよくある“あの人は今”のクルマ版的な感じで昔流行ったクルマの“今”(買取相場)をお届け。今回は、世界を代表する本格クロカンのトヨタ ランドクルーザー200。

現行ランクルは超熟成された1台! モデルチェンジ間近のウワサも

実は結構ちがう!? ランクルとランクルプラドを見比べてみた

現行ランドクルーザーは2007年デビューと今年で13年目を迎えた超ベテラン選手。ここ数年モデルチェジのウワサが絶えないが、来年には新型に切り替わるとの情報も。

デビューから13年! デビュー当時のレポートはコチラ▼

ご存知の通り、現行モデルは今なお日本、いや世界で愛され続けている本格クロカンモデルで、かつて熾烈な争いを繰り広げた三菱 パジェロなき今、ランクルに対する期待は高まるばかりだ。

そんな超魅力的なランクル200の今の買取相場はいかほどのモノなのか?

パジェロは今乗っても超頼れるクルマだった! 最終モデルはコチラ▼

90年代超盛り上がったRV市場! 当時流行ったクルマがコレ▼

ランクルは買取も日本一!? 20万キロオーバーでも170万円の価値アリ

これまで小改良を加えると何度もマイナーチェンジを繰り返してきたが、今回はフロントフェイスとインパネをガラっと変わった2015年モデル以前の前期モデル(2007~2014年)にフォーカスして、今の買取相場を見ていく。ちなみに走行距離は5万~10万kmとリアルな情報を紹介する。

やっぱり高値を維持しているには最上級グレードのZXで2011年モデルの走行距離6~7万キロの個体は、300~330万円で取引されている。当時の新車価格が630万円で、現在でも約52%の価値が残っているコトになる。どうせ最上級グレードだからと思うなかれ、売れ線グレードのAX Gセレクションでも同条件で260~280万円とかなり高い。当時の新車価格は555万円とコチラも約50%の価値があり、全てのグレードで超高値をキープしている。

ちなみに以前お伝えしたアルファード同様、モデリスタのフルエアロを組んでいる個体はノーマルの個体よりも2~3割程度高値で買取されているというデータもある。

20万キロオーバーでも170万円!

特筆すべきは過走行車両でも100万円以上で取引されているということ。一般に過走行といえば10万キロ以上だが、ランクルは20万キロや30万キロという個体もザラで例えば2009年式の25万キロを走破したAXで150~170万円と超異例の高値をつけている。もっというと、最上級のZXに至っては15万キロ前後の個体でも280~300万円という個体もかなりあるから驚きだ。

来年にもランドクルーザー300が登場か? というウワサもあるため、現行モデルを手放すのは今が絶好のチャンスかもしれないゾ。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します