サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1代表、2022年ラインアップの検討を前に「アルピーヌCEOとオコンの話し合いが先」と主張

ここから本文です
 メルセデスのチーム代表であるトト・ウォルフは、メルセデスが2022年について何らかの話し合いに入る前に、アルピーヌとエステバン・オコンが彼ら自身の将来を明確にする必要があるだろうと述べている。

 オコンはアルピーヌとの2年契約の最終年を迎えているが、彼はメルセデスとの長期契約下にもある。そのため、オコンは同じくメルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルとともに、2022年のメルセデスのシート候補と見られている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン