サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > いよいよダイナミックシールドを採用、三菱のスーパーハイト軽ワゴン…東京モーターショー2019[デザイナーインタビュー]

ここから本文です

東京モーターショー2019三菱ブースには『eKクロスワゴン』に続く新世代軽自動車の第2弾の位置づけで、本年度内に市販が計画されている、『スーパーハイト軽ワゴンコンセプト』が展示されていた。eKクロスワゴンと比較し、デザイン上様々な細かい変更がなされていた。

◆ダイナミックシールドとSUVテイストを採用

そのデザインコンセプトについて三菱デザイン本部プロダクトデザイン部デザイン・プログラム・マネージャーの大石聖二さんは、「見た通りで、スーパーハイトにダイナミックシールドのコンセプトを取り入れ、eKクロスと同じようなSUVの外観を取り入れたところだ」という。