サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レーシングポイントF1「設計も開発も自分たちで行った。レッドブルをコピーした時と同じ」と合法性を主張

ここから本文です
 レーシングポイントのチーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、レーシングポイントの2020年型マシン『RP20』はメルセデスの2019年型マシン『W10』に酷似していることを認めているが、設計も開発も自分たちで行っており、ハースF1チームのやっていることとは違うと語った。

 RP20は、ピンク色のメルセデスと呼ばれている。なぜなら、2019年のチャンピオンシップを制したメルセデスの『W10』そっくりだからだ。しかしサフナウアーは、レーシングポイントはルールの範囲内ですべて合法であることを行ったと主張している。

おすすめのニュース

サイトトップへ