サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “モナコ・マスター”セナが起こした魔法(2)トランス状態で走った伝説のラップ「もはや運転しているという意識はなかった」

ここから本文です
 伝説のF1ドライバー、アイルトン・セナはモナコGPで圧倒的な強さを誇っていた。10回出場したなかで1987年、1989年、1990年、1991年、1992年、1993年の6回優勝を達成、これは歴代最多記録だ。ポールポジションも5回獲得しており、1994年のサンマリノGPで命を落とさなければ、その記録をさらに伸ばしていたことだろう。本来モナコGPが開催されるはずだったいま、“モナコ・マスター”と呼ばれるセナが見せた魔法を振り返ってみたい(全2回)。

おすすめのニュース

サイトトップへ