サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自動車、80億円を投資!岡山県水島製作所で新型軽EV生産を予定

ここから本文です

三菱自動車は2020年8月より岡山県の倉敷市にある水島製作所にて、新型の軽電気自動車(以下軽EV)を生産するため設備投資を開始する。なお、投資規模は総額約80億円となる。

新型軽EVの生産設備投資の一部は日産と岡山県が負担

見た目ヨシ!性能ヨシ!なのに1代で終了した悲劇のハイパワーワゴン|三菱 レグナム【MOTA写真館】

岡山県倉敷市にある水島製作所は、1943年に操業を開始した歴史ある製作所だ。三菱自動車は2020年8月より、新型の軽EVを生産するため設備投資を開始。なお、投資規模は総額約80億円となる。

新型軽EVは、アライアンスを組む日産自動車との共同開発を検討し、水島製作所にて生産を予定。

おすすめのニュース

サイトトップへ