サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「注目モデル試乗」存在感たっぷりのフロントフェイス。個性派に好まれる三菱eKクロスの快適な乗り心地

ここから本文です

「注目モデル試乗」存在感たっぷりのフロントフェイス。個性派に好まれる三菱eKクロスの快適な乗り心地

メカニズムは日産デイズと共通。フロントマスクはデリカD:5を彷彿

 eKクロスは昨年のeKワゴンのモデルチェンジを機に誕生したニューカマー。スポーティ指向だった従来のeKカスタムに代わる個性派だ。各部のSUVテイストが、アクティブな印象を与える。
 メカニズムはeKワゴン(そして日産デイズ)と共通。キャラクターはスズキ・ハスラーや、ブランニューのダイハツ・タフトと同様だ。乗用車としての優れた快適性をそのままに、ちょっぴりワイルドな印象をトッピングしている。

軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』が令和元年度自動車アセスメント(JNCAP)において最高ランクとなる評価を獲得

 最大の特徴はフロントマスクだろう。最新三菱共通の「ダイナミックシールド」をKカーで初導入。それも兄貴分のデリカD:5と共通イメージでまとめている。
 主張の強いこのデザインをコンパクトなKカーに投入したというニュースを聞いたとき、個人的には一抹の不安を感じた。しかし実車に対面すると、スタイリングに溶け込んでいる仕上がりに驚いた。

 前面のランプ部分は、上から下まで同じ面に置くのではなく、上の細長いランプ部分をサイドに向けて絞り込んでいる。これが威圧感を抑え、一体感を増すことに貢献しているようだ。実に巧みなデザインである。

 2トーン5色、モノトーン6色というボディカラーも魅力的だ。2トーンのルーフの塗り分けは、白あるいは黒だけでなく、グレーやオレンジが選べる。前者は精悍性、後者は遊び心をうまく表現しており、カラーチョイスを楽しくしている。

ターボの力強さはリッターカーレベル! 運転支援システムも充実

 インテリアはオプションのプレミアムインテリアパッケージに注目したい。ベージュのトリムとストライプ柄のファブリックからなるシートは上質で、スペースを除けばKカーに乗っていることを感じさせない。室内空間は大人4名に十分。後席はスライドとリクライニング機構を装備している。

 走りはエンジンの静粛性が好印象。ターボ(64ps/100Nm)と自然吸気(52ps/60Nm)が選べるパワーユニットは、ルノー日産アライアンスが新興国用に開発した800ccエンジンがベース。ブロックの厚みなどに余裕を持たせていることが功を奏しているのかもしれない。マイルドハイブリッドということもあって発進時の力不足はなく、とくにターボの力強さはリッターカーレベル。運転支援システムがKカーのレベルを超えた完成度に達している点にも驚いた。

 エンジン同様、プラットフォームは新開発。走り出した瞬間にライバルとの違いを実感するとまではいかないが、乗り心地やフットワークは平均点以上のレベルに達している。eKクロスのマスクが好みという理由だけで選んでも、満足できる充実した内容の持ち主である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します