サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産、栃木工場の生産ラインを革新、匠の技をロボットに伝承し次世代に対応

ここから本文です
日産自動車は10月7日、独自のクルマづくりコンセプト「ニッサン インテリジェント ファクトリー」を導入した栃木工場の生産ラインを初公開した。

日産は、これまで高品質で高効率な生産工程や高い技能を持つ匠の技術により、高精度なクルマづくりを実現してきた。しかし、生産を取り巻く事業環境は変わりつつあり、従来の労働集約型の生産から脱却し、高齢化社会や深刻な人手不足に対応するための労働環境改革や、気候変動やパンデミック等の予期せぬ事態への対応が急務。電動化や知能化、コネクテッド技術によって、クルマの機能や構造の高度化、複雑化も急速に進んでいる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン