サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 路線バスを活用した客貨混載、埼玉県飯能市でスタート

ここから本文です

国際興業とヤマト運輸は2月25日から埼玉県飯能市内を運行する路線バスで宅急便を輸送する「客貨混載」を開始したと発表した。

今回の取り組みでは、ヤマト運輸が名栗地区、中藤・原市場地区に配達する宅急便を、国際興業・飯能営業所に持ち込み、路線バスに積み込む。その後、路線バスは乗客と荷物を乗せて飯能駅から運行、「尾長入口」、「上赤沢」それぞれのバス停で、ヤマト運輸の地区担当セールスドライバーに荷物を引き渡し、セールスドライバーが宅急便を配送する。

飯能市内を運行する国際興業の路線バスは、人口減などにより乗車人数が減り、将来の路線維持が難しくなるという課題がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ