サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【どっちなの?】オービスの光は「赤」なのか「白」なのか

ここから本文です

オービスの光は赤い、白い、いろいろ言われているようだ。いったいどうなっているのか。しっかり整理しておこう。

■従来の固定式オービス…「赤い」のにも理由がある?

オービスの測定値はホントに信頼できる? 否認裁判の証人、メーカー社員の発言に見る怪しさ

名著『警察の盗撮・監視術』(浜島望・技術と人間)によれば、自動速度違反取締装置(自速機)が日本の道路に初めて登場したのは1976年。装置は東京航空計器(TKK)のオービスIII(スリー)だった。その後、三菱電機と松下通信工業が算入。両社の自速機の名称はRS-701やVT-1510などだった。ややこしい。運転者たちは、すべての自速機を「オービス」と呼ぶようになった。特定の商品名が同種商品の総称になったわけだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン