サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 紀州のドン・ファンと美女とクルマの裏事情【最終回】

ここから本文です

紀州のドン・ファンと美女とクルマの裏事情【最終回】

 本稿は、全3回にわたってお送りする「紀州のドン・ファンとクルマと美女に関する秘話」の最終回である。

 あらためて概要を記すと、和歌山県田辺市の資産家・野崎幸助氏が2018年5月に自宅寝室で死亡した(享年77歳)。解剖の結果、急性覚せい剤中毒と判明し、和歌山県警は野崎氏の元妻である須藤早貴(25歳)を逮捕・起訴している(2021年5月19日)。

小ベンツだけど作りはSクラス並み いまだにファンが多い190の中古車

 亡くなった野崎氏は艶福家で、「紀州のドン・ファン」という異名を持つ。野崎氏は講談社から2冊の本を刊行しており、本稿はその2冊のゴーストライターを務め、3冊目『紀州のドン・ファン殺害 「真犯人」の正体 ゴーストライターが見た全真相』を執筆した記者のレポートである。
(当記事アイキャッチ写真は野崎氏の通夜・出棺の際に早貴容疑者が挨拶するシーン)

文・写真/吉田隆

【秘蔵写真も盛りだくさん】 紀州のドン・ファンと美女とクルマ、過去シリーズはこちらから

■「早貴さんは天才やろ」

 2018年4月になって、和歌山県田辺市内で暮らし始めた早貴被告は、すぐに市内にある自動車教習所へ通い始めた。もちろんその費用はドン・ファンが支払った。一日中暇だった早貴被告は20日少しで免許を取った。

「一回も試験に落ちないで免許を取ったんやで。早貴さんは天才やろ」

 横で早貴被告は自慢げに笑っていた。ドン・ファンは、早貴被告のことを「ちゃん」ではなく「さん」付けして呼んでいた。機嫌の悪い時は「あの女」であった。

「そりゃあ早貴ちゃん、すごいですね~」

 私は大袈裟に驚いてやった。むろんお世辞である。

急死した愛犬・イブを偲んで会社関係者と会食した際の、ドン・ファン野崎社長と早貴被告(2018年5月10日撮影)

 免許をとったその日に、ドン・ファンは早貴被告が運転する車に乗って、白浜町のリゾートホテルに食事に行ったという。乗った車は前出のトヨタ・アリオンである。

「ベンツで行きたい」

 ドン・ファンは結婚数か月前にそれまでの愛車だったベンツから乗り換えて、またベンツの新車を購入していたが、早貴被告は臆面もなくそう言い放ったらしい。いくら天才ドライバーだとしても、免許を取ったその日にベンツの新車のハンドルを握らせる勇気はドン・ファンにもなかった。

 しかし、臆面もなく言う早貴被告はやはりどうかしているのではないか。私も自車で都内を移動しているが、傷つけたら怖いのでドン・ファンのベンツを運転したことはない。しかし、野崎氏の会社の番頭さんがハンドルを握るベンツに何度も乗ったことがある。

愛犬・イブを散歩させるドン・ファン野崎社長と早貴被告。後ろに見えるのが記事で話題になっているメルセデスベンツ。現行(5代目)Eクラスアヴァンギャルドと見られる

 初心者マークも付けない豪快な性格の早貴被告は(編集部註/道交法違反です)、事件直後に田辺から車で東京に行くという大胆な行動をとる。この時もベンツを希望したが、

「お前には無理や。どうしても陸路で東京に行くならアリオンにしなさい」

 ドン・ファンの会社の番頭さんにそう注意されたので、渋々アリオンのハンドルを握った。

和歌山県田辺市にいまも置かれているトヨタ初代アリオン(後期型)

「700kmもあるからやめたほうがええよ」

 会社の方々が異口同音に、そのように注意をしたという。

「大丈夫です。運転には自信がありますから」

 早貴被告はそのように言い放ったのである。なんの裏付けもない自信。これが彼女の性格である。

 ドン・ファンの死後にはベンツのハンドルを握る機会も多くなり、高速道路では150km/hものスピードを出すのも珍しくなかった(編集部註/もちろん道交法違反です)。

 事故ったら大変だと心配していたものだ。いや、誤解してもらっては困る。彼女が亡くなったら遺産の行方が分散してしまって、取材が困難になるのを危惧しただけだ。

■ベンツで東京へ

 野崎氏の死後、早貴被告は自宅がある東京へ、ベンツを持っていこうと画策していた。しかしベンツは野﨑幸助氏の所有物である。民法で、個人資産は相続が決まるまでは凍結されるという決まりがあるために、早貴被告の弁護士さえ「それは違法だから止めたほうがいい」と注意していた。しかし、彼女はその忠告を無視してベンツと共に東京で生活し始めた。彼女には順法精神などまったくないのだから呆れる。

 若葉マークを付ける気も、これっぽっちもない。ベンツに若葉マークはミスマッチだけど。

 何回か早貴被告が運転するベンツを追いかけたことがあるが、高速道路を縫うように前の車を追い抜いていくのは、まるでゲームを見ているようなスリルがあったが、いつ事故ってもおかしくないと冷や冷やした。

 きっと「自分はドライブの天才だ」と思っているのだろう。思慮が足りない女性であるが、事故で死ななくて本当に良かった。

 情報によると、彼女はベンツを売り払ったらしい。これは完全な違法であり、それで再逮捕される可能性もある。品川のタワーマンションで暮らしていた早貴被告はそこで逮捕されたが、そのときに乗っていたのはポルシェだったらしい。まだ報道されていないが、裁判になったら明らかになるだろう。拘置所で早貴被告は「運転したい」と思っているだろうが、その望みは何十年か後になりそうだ。

早貴被告がアリオンで東京に行ったときに捕まった際の青切符。どうやら追い越し車線をずっと走っていたようで、「通行帯違反」に問われた模様。「初心者マークを付けていなかったけど、まけてもらった」と早貴はけらけらと笑っていた

■そうはいっても車も好きだった

 ドン・ファンは車に乗ることは好きだったが、もっと好きだったのは女性との交際だった。

「ワシは体の大きな女性が好きなんや」

 身長が170cm以上、そしてナイスバディの女性が好みであった。

「そんじゃあ、バレーボールとかバスケットボールの選手を狙ったほうがいいですよ。180cm以上の選手がゴロゴロしていますから」

 ドン・ファンの身長はぴったり160cmであるから、まるで巨木に止まるセミみたいだと想像すると可笑しかった。早貴被告は167cmであったから、まぁ合格であった。しかもFカップと自称する爆乳の持ち主だった。

「それは人工のおっぱいなん?」

「いいえ、本物で~す」

 彼女は自慢の胸を張ったものだ。

『美女4000人に30億円を貢いだ男』(講談社+α文庫)

 このように、ドン・ファンの興味は車よりも女性であった。が、そうはいっても車も好きだった。

 亡くなるひと月前の4月後半には、野崎氏は田辺市内の自動車教習所で後期高齢者の教習を受けて免許証を更新している。

 ベンツのことは前述したが、彼はその他に8台の車を所有していた。それは家業である酒類販売業のために使うものだ。地元和歌山県内はおろか、隣県の奈良や三重まで卸していたのだから、町の酒屋さんのレベルを越えている。

 2tのロングのトラックが2台、軽トラックが2台、軽の箱バン。ニッサンのワンボックスは亡くなる半年前に新車で購入した。そのほかにトヨタのオーパとアリオンがあった。それとフォークリフトもあった。

 アリオンとオーパは社長も使っていたが、そのほかの車は従業員専用で、社長であるドン・ファンがハンドルを握ることはなかった。

 女性と車をこよなく愛した野崎氏だった。

 法廷での早貴被告は、どのように「事件の真相」をかたるのだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します