サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1.6リッターDOHCエンジンを搭載! 昭和のスポーツセダン3選

ここから本文です

■1.6リッターDOHCエンジンを搭載したスポーツセダンを振り返る

 国産車の性能がめざましく向上したのは1980年代で、ターボエンジンの普及によって始まりました。さらに、一時は数を減らしていたDOHCエンジンも復活し、各メーカーとも採用するようになります。

ホレボレするほどカッコイイ! 昭和の美しい車5選

 なかでも当時の若者から絶大な支持を得ていたのは1.6リッターDOHCエンジンを搭載したコンパクトカーやクーペで、1980年代の中頃から終わりにかけて一気に車種が増えました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン