サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD予選後会見:僅差でポールに届かずも「ペレスの加入でチーム力の底上げを実感」角田はPUを交換へ

ここから本文です
 今週末の第2戦エミリア・ロマーニャGPの予選は、ホンダ勢4台にとって悲喜こもごもの結果となった。レッドブルは2戦連続のポールポジションは逃したものの、2、3番グリッド。しかも新加入のセルジオ・ペレスが、キャリア初のフロントロー獲得を果たした。アルファタウリはピエール・ガスリーが開幕戦からの好調を維持して、今回も5番手につけた。しかし角田裕毅はQ1のアタック中にスピン、マシンを大破させるほどのクラッシュを喫した上に、レースは最後尾グリッドからのスタートとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン