サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 8冠に王手のオジエがシェイクダウン首位。逆転狙うエバンスが続く/WRC第11戦スペイン

ここから本文です

8冠に王手のオジエがシェイクダウン首位。逆転狙うエバンスが続く/WRC第11戦スペイン

8冠に王手のオジエがシェイクダウン首位。逆転狙うエバンスが続く/WRC第11戦スペイン

 10月14日、WRC世界ラリー選手権第11戦スペインのシェイクダウンが行われ、通算8度目のワールドチャンピオン獲得に王手をかけているTOYOTA GAZOO Racing WRTのセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)がトップタイムをマーク。そのオジエを24ポイント差で追いかけるランキング2位の僚友エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が2番手となった。

 今季はターマック(舗装路)とグラベル(未舗装路)の“ミックスサーフェス”ではなく、オールターマック・ラリーとして行われる『ラリー・スペイン』が14日(木)に開幕。この日は現地9時過ぎから、翌15日(金)に始まる競技を前にしたシェイクダウンが実施された。

トヨタのエバンス「タイトル争いは依然厳しい状況にある」/2021WRC第11戦スペイン 事前コメント

 サービスパークが置かれるサロウの北西部に設定された全長4.31kmのテストコースでは1走目から王者オジエが速さをみせ、2分35秒5というベストタイムを記録してみせる。これに続いたのは“地元のヒーロー”であるダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)でギャップはわずか0.1秒、3番手には0.7秒差でエバンスがつけた。

 今戦の結果次第では最終戦を待たずに8冠を決めるチャンスを有するオジエは、2回目の走行で自己ベストを1.5秒更新。さらに3回目で2分33秒6までタイムを縮め全体ベストタイムを記録した。

 タイトル争いにおいて、オジエを除けば唯一戴冠の可能性を残すエバンスも2回目と3回目の走行で自己ベストタイムをマーク。最終的にはチームメイトと0.2秒差の2番手につけた。

 シェイクダウン3番手は、前回ラリー・スペインが行われた2019年に優勝を飾っているティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)。彼のタイムは2分34秒0だった。チームメイトのスペイン人ドライバーは0.2秒おくれて4番手に。オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)はソルドと0.2秒差の5番手となった。

 6番手はドライバーズランキングで4位につけるカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)。7番手にはアドリアン・フルモー(フォード・フィエスタWRC)が続き、ここまでが2分34秒台のタイムを記録している。

 8番手以下はMスポーツのガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)、アーロン・ジョンストンとのコンビで2戦目を迎えている勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)、負傷欠場のピエール・ルイ・ルーベに代わって母国でWRカーデビューを飾ることになったニル・ソランス(ヒュンダイi20クーペWRC)、2022年はソルドとヒュンダイの3台目をシェアすることが決まったオリバー・ソルベルグ(ヒュンダイi20クーペWRC)というオーダーだ。

■2021年WRC第11戦ラリー・スペイン シェイクダウン結果
Pos.No.DriverMachineGap11S.オジエトヨタ・ヤリスWRC2'33.6233E.エバンストヨタ・ヤリスWRC+0.2311T.ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+0.446D.ソルドヒュンダイi20クーペWRC+0.658O.タナクヒュンダイi20クーペWRC+0.8669K.ロバンペラトヨタ・ヤリスWRC+1.2716A.フルモーフォード・フィエスタWRC+1.3844G.グリーンスミスフォード・フィエスタWRC+1.4918勝田貴元トヨタ・ヤリスWRC+1.51014N.ソランスヒュンダイi20クーペWRC+2.5112O.ソルベルグヒュンダイi20クーペWRC+2.7
※リザルトは編集部集計

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します